英語は初心者。何から始めたらいい?②英語の語順に慣れる

beginners2

リスニング対策として、初心者がまずすべきことは、①英語の音に慣れることと、②英語の語順に慣れることでしたね。

前回の記事では、この①英語の音に慣れることを目標として、①正しく単語を読めるようになる ②発音記号とフォニックスを練習する ③やさしい英語を聞く習慣を身に付ける ④簡単な英語を書き取る練習をする(ディクテーション)の4つをご紹介しました。

では、次の段階の「②英語の語順に慣れる」に進みましょう。

 

「英語の語順に慣れる」とはどういうことか

「英語の語順に慣れる」とは、「英文が少々長くても、内容をすっと理解できるようになること」としてここでは定義しています。

次の英文を見てください。

A. Do you like cats?

B. You may know that he actually love cats and keep five ones, he doesn’t say this, though.

Aの文はすぐに理解できると思うんですけど、Bの文はちょっと長いですよね。それでも、Bの文はそんなに難しいわけではないので、ゆっくり読み返せば意味は理解できると思います。

読解の時はそれでいいのですが、リスニングになるとこれが厄介です。この文が音声で流れたとき、Aの文は理解できると思うのですが、Bの文は長いために、一度聞いただけではすっと理解できないという状況になりがちです。

初心者がやりがちなこと

返り読みはNG

初心者の人は、英語を返り読みし、日本語に訳さないと理解ができないという人がほとんどです。例えば、あなたは頭の中で次のように英文を読んではいないでしょうか。

④You may know that / ③he actually love cats and / ②keep five ones, / ①he doesn’t say this, though.

まず、最後の①から読み始め、「彼はこれを言わないが」とに日本語に訳す。次に②の部分に移り、「5匹の猫を飼っている」と訳す。次に③で同様に「彼は実際には猫が大好きで」、最後に④。「あなたは知っているかもしれない」と訳す。

そして、「ええと、日本語に訳すと、あなたは…彼はこれを言わないが…猫を5匹飼っていて…猫が実際は大好きで…ということを…あなたは知っているかもしれません」というふうにきれいな語順に直す。そして、ようやく理解をするという流れになりがちなんですね。

kittens1

この方法なら、英文をゆっくりと読むことはできます。けれど、リスニングは絶対にできるようになりません。なぜかというと、リスニングは一度きりの勝負であって、返り読みは絶対にできないからです。

二度読みもなるべくしないように!

「返り読みはしない」という人であっても、二度読みをする人が多いです。これも、できるだけやらないで済むようになるまで練習することが大事です。

二度読みとは、一度最後まで英文を読んでから、頭に戻って訳し始めることです。先ほどの例で言えば、一度”You may know that he actually love cats and keep five cats, he doesn’t say this, though.”と読んでからまた最初に戻り、「あなたは知っているかもしれない…彼は…」と訳していくことです。

これもあまりよくありません。リスニングで言うなら、全く同じ文を2回繰り返してもらわなければ理解できないということになってしまうからです。TOEICでは、リスニングは一度しか読み上げられません。そして何よりも、実際の会話では、全く同じことを2回言ってくれるという場面はほぼないです(聞き返しても、相手は「今のでは理解できなかった」と察して、違う言い方で説明してくれますからね^^;)。英文を一度読んで理解できないのであれば、リスニングでも理解はできないのです。

ではどうすればいいのか。まずは、英語の語順を頭でなんとなくでいいので理解しておきましょう。英語の語順が日本語とどのようにちがうのかについては、別記事に書いています。「英語の語順がイマイチつかめない」という人はぜひ読んでみてください。

 

英語の語順を頭でなんとなく理解できたら、次は体で理解できるまで練習していきます。頭から読んでいき、戻ることなく英文を理解できる状態。それが直読直解です。

これができると、リスニングの理解がものすごくスムーズになります。

 

英語の直読直解とは?

英語の直読直解をするためには、日本語訳に頼らず、イメージで理解することが大事です。

参考までに、

アサコ先生
私が先ほどの英文を耳から聞いた場合、どんな感じで理解するかをお伝えしますね。

You may know thatと聞こえたら、自分に向かって話がされていることを理解します。次にhe actually love catsと聞こえたら、話題になっている彼と猫が仲良くしている場面を思い浮かべる。keep five catsで猫が彼の周りにわらわらといる場面をイメージする。そして、he doesn’t say this, thoughと聞こえたら、彼が口を固く結んでいる場面を想像するとともに、彼って恥ずかしがり屋なのかしら…。と彼の性格を想像したりします。

これは、別に日本語訳をしているわけではありません。英語を聞いたときに、言葉を思い浮かべているのではなく、言葉から想像される絵を思い描いているのです。

efteling

日本語で小説を読むときのことを思い浮かべてみてください。

最初は「文字を読んでいる」という意識があるかもしれません。でも、物語の中に引きこまれていくにつれて、文字を読んでいるという感覚はなくなりますよね。代わりに、風景がありありと頭の中に映し出されていくはずです。イラストもないのに、登場人物の髪型や表情、声が生き生きと頭の中に表れていくのです。

これがまさに直読直解です。日本語では当たり前のように普段やっていることです。同じことを英語でもやるのです。

でも、英文を読むとなると、なんだか全く違う読み方をしてしまいますね。

「絵」を思い浮かべよう

英文を読んでいるときはまるで、古代文字を解読しているかのような読み方になってしまいがちです。

これはひとつには、学校の授業で、文法に従い、教科書の英文を訳すという作業ばかりをしてきていることが原因とも考えられます。この作業に慣れると、英文を日本語に訳すことで終わってしまいがちです。しかし、肝心なのは英文が表している意味を理解すること、つまり「絵を思い浮かべる」ことです。

言葉は本来、情景を伝えるものです。頭の中で状況を思い浮かべることができて初めて、言葉を理解したと言えるのです。日本語の文章であっても、法律の文章はなかなか理解がしにくいものです。これは、頭の中で状況や絵を思い浮かべることができないからですよね。

今まで日本語訳して理解したつもりになっていた人は、この「絵を思い浮かべる」練習をするようにしてください。

ちなみに、生徒さんからよく、英語を英語で理解するというのが難しいという質問を受けます。これが、初級者から中級者、更には上級者に進むためのひとつの壁だと思います。こういう人たちは大抵、英文に触れる機会がとても少なく、練習が足りていないことが原因です。下に練習法をあげますので、参考にして練習に励んでください。

 

スラッシュ・リーディングによる音読で力をつけよう

英文を聞いて頭の中で絵をイメージする。これが1回でできたら理想的ですが、最初はなかなかそういうわけにはいきません。ですからトレーニングが必要なんですね。

楽器の練習と同じように考えてください。初心者は、ピアノの楽譜を初見では弾けません。発表会に向けて練習するなら、軽く100回は練習するでしょう。この作業は大変ですが、1曲完璧に弾けるようになると、グーンと実力が上がります。発表会に向けて猛練習した後は、やさしい曲なら初見で弾けるようになったりするものです。

音読もこれと同じです。何度も何度も練習することで、英文を完全に理解し、一度聞いて直読直解できるようになるまでトレーニングしましょう。これを行うのに最適なトレーニングが、スラッシュ・リーディングによる音読です。この方法については「効果バッチリ★スラッシュ・リーディングによる音読」別ページで解説していますので、ぜひそちらを参考にして練習を行うようにしてください。ちなみにこの方法は、東進ハイスクールの安河内哲也先生が参考書で勧めている方法を、私の指導経験から少しアレンジしたものになります。

日本語訳は手段であってゴールではない

ここで注意点です。スラッシュ・リーディングには日本語に訳す練習があります。繰り返しますが、これはあくまでも補助のための練習です。日本語に訳すことがゴールなのではなく、日本語の助けを借りて、最終的には日本語訳なしで英文を絵として思い浮かべられるようになるまで練習をしましょう。

 

日本語訳モードと、英語訳モードの2つを使い分けよう

時折、「リスニングをしていても日本語に訳してしまう」という人がいます。これは、英文を見たら即日本語に訳す、という習慣が身に付いてしまっていることが原因だと考えられます。こうなってしまうと理解スピードが落ちてしまう上に、直読直解を身に付けることが難しくなってしまうことがあります。

こうした事態を避けるために、自分の中にあらかじめ、日本語に訳すモードと、日本語に訳さないモードを作っておきましょう。必要があるときだけ日本語に訳す。そして、必要のないときは日本語を思い浮かべず、英語だけを頭の中に響かせるようにしておくのです。

最初のうちは、それでも日本語が出てきてしまうかもしれません。しかし、それはそれでかまいません。次第に、日本語は引き出しにしまっていくような感覚で、英語だけを自分の頭の中で満たすような感覚にしていくのです。

これを読んでいる人の中には、英会話ができるようになりたい、と思っている人もいるでしょう。スピーキングにおいても、日本語で考えることはスムーズな英会話の妨げになります。初心者のうちから英語だけの回路をしっかりと作っておくようにしましょう。

 

まとめ

  • 英文の返り読み・二度読みはリスニングではNG
  • 英語の語順をまずは頭で理解しよう
  • 語順が理解できたら次は語順の体得を目指そう
  • 直読直解とは、英文を頭で即イメージすること
  • 直読直解できるようになるまでスラッシュ・リーディングを練習しよう
  • 日本語訳は手段であって目的ではない
  • 日本語に訳すモードと訳さないモードを使い分けよう

 

P.S この記事で書いている内容をもっとわかりやすくするために、
オーディオセミナーを作りました。

音声で聞いて英語学習を効率よく進めたい人は、以下を見てみてくださいね。

自分の望む英語力を手に入れる!3か月速習オーディオセミナー

お役にたちましたか?「役に立った」と思ったら「いいね」を押してください^^励みになります!

2 件のコメント

  • 「日本語訳は手段であってゴールではない」という説明に、ドキっとさせられました。なぜなら、スラッシュを引いては、日本語訳を書くことに集中していたからです。英文を絵として思い浮かべられるレベルにはまだまだ先になりそうですが、サイトに紹介されている内容を実践してけばできるんじゃないか! と勇気をもらいました。ありがとうございます。

    • shishidoさま:「日本語訳は手段であってゴールではない」というところにスポットを当てていただき、どうもありがとうございます!まさにそこが大事なところですから^^英文の意味をきちんと理解できたら、あとは練習あるのみです。上達を心よりお祈りしていますね!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA