英検のリスニングテストで大失敗!?やってはいけないこと

こんにちは^^なみのリズムのアサコです。

先日のことですが、英検のリスニングテストで大失敗した!!という生徒さんがいました。筆記は結構できるのに、リスニングがどうにも苦手。それでも過去問を解けば半分くらいは解けていたので、筆記でカバーすれば合格できるだろう、と予想していました。それがふたを開けてみたら、なんと、リスニングで20%位の正答しか出せなかったのです。

いったい何が起きたのだろうと、テストを受けたときのことを詳しく聞いてみました。そうしたら、「いつもとは違う解き方をした、とのこと・・・。

何をしたと思いますか?^^;

筆記が早く終わって、大分時間があまったんだそうです。そこで、リスニングテストが始まる前に、先に選択肢を読み込んでおこうとしました。そうすることで、苦手をなるべくカバーしようとしたのだと思います。

そこで、彼女は選択肢の概要を日本語で余白にメモをしたのです。

これって一見悪いことではなさそうですよね。日本語でメモをしておけば、楽に理解できそうな気がします。でも、それをすることで、彼女はかえって問題が解けなくなってしまったのでした。結果は、10問中2問正解というズタボロなレベル。いつもは10問中6問とか、よければ7問正解できていたのに、です。

ここからは私の推測ですが、日本語でメモをすることで、かえって混乱してしまったんだと思います。「英語で音声を聞きながら日本語のメモを読む状況になったことで、逆に脳に重い負荷を与えてしまったんですね。

英語を聞いているときは、日本語は考えないほうがいいです。一度に2言語を処理するのは、慣れていないと、脳にとって大変だからです。それがスムーズにできるのが通訳の方ですから。

長文読解の場合だったら、日本語でメモをするのはOK。英文を理解する上で役に立ちます。でもそれは、英文を読み返す時間があってこそ。リスニングの場合は1回しか読まれないから、とにかく時間がないんです。スピーディーに回答しなくてはいけないときに、処理に負荷のかかることをしていたらダメですよね。

それと、本番でいつもと違う解き方をする、というのは絶対にやめるようにしてください。それで失敗してきた人を何人か見ています。センター試験本番でいつもと解く順番を変えて、失敗した人とかですね。練習で解き方を変えてみて、結果を分析するのはOKですけど、本番でそれをするのは無謀です^^;

今回も、参考になれば幸いです♪

P.S おかげさまでPV数が伸びて、記事にコメントをいただくことが多くなってきました。うれしいコメントを多くいただきます。本当にどうもありがとうございます^^ 今後も励みにして、ブログを更新していきます。

反面、悲しいコメントも時折いただきます^^; 記事の内容を明らかに理解していない、勘違いしている、ただの文句、返信に困るコメント等と判断させていただいた場合は、コメントを非承認とし、返信しておりません。誤解を解くためには、とてつもないエネルギーを伴い、疲労します。ネット上でのやりとりは文字媒体ですので尚更です。限られた貴重な時間、自分のエネルギーは有用なことに使っていきます。どうぞご了承ください。