手っ取り早くリスニングのコツを知る!上級者が必ずしている3つのこと

 

英語がなかなか聞き取れるようにならない!英語の上級者は一体どんなふうにリスニングを上達させたのか?気になりますよね。

留学や仕事などで長期海外に滞在しているならともかく、日本にいながら英語をひたすら聞くのってツライものがあります。長時間わけのわからない英語を聞くなんてまるで拷問のよう…。

手っ取り早くリスニングのコツを知りたい!という方に、学校や英会話教室ではなかなか教えてもらえない、リスニング上達の秘訣を明かしちゃいます。

 

リスニング初心者と上級者の聴き方のちがい

「知識は力なり」。

リスニングの上級者は、果たしてどのように英語を聞いているか。それを知ることがリスニングのコツを理解するための大きなヒントになります。初心者がやっていないことで、上級者なら必ずやっていることがあるのです。

ここでは、初心者と上級者の英語の聴き方の違いをリストアップしますね。

初心者

・自分の知っている単語を一生懸命聞き取ろうとしている
・聞き取れたわずかな単語から文脈を推測している
・日本語に訳して理解しようとしている

上級者

・リズムとメロディーに耳を傾けて英語を聞いている
・かたまりを意識し、英語の語順で英語を聞いている
・英語を英語のまま理解している

では、それぞれを見ていきましょう。

 

単語をひとつひとつ聞き取ろうとするのはダメ

初心者は、単語レベルで英語を聞き取ろうとします。自分が知っている単語が聞こえてこないかと、待ち構えている感じですね。でも、これはダメな聞き方なんです!

確かに、最初のうちは一単語でも聞き取れるとうれしいものですし、ひとつでも聞き取れれば理解のヒントにはなります。けれども、これではリスニングは上達しませんその理由をお伝えしますね。

 

発音は変化する

単語を聞き取ろうとするとうまくいかない理由。それは、日本語とは違って、英語では発音はしょっちゅう変化するからで す。

例えば、"Does he enjoy it?"は、丁寧に発音すれば「ダズ・ヒー・インジョイ・イット?」ですが、カジュアルに発音されると「ダジンジョイッ?」になります。

この時、「heは ヒーと読まれているはずだ」と思い込んで何度も音声を再生して聞き返したりしますが、どう頑張っても「ヒー」とは聞こえません。それも当然です。そもそも、「ヒー」とは読まれていないからです。

このように、自分が知っている単語の読み方と実際の単語の読まれ方が違うということが英語ではよく起こり ます。

単語とひとつひとつ聞き取ろうと意識してしまうのは、無意識のうちに「単語の発音は変化しないはず」という思い込みにとらわれているからにほかなりません。

 

コツ①:リズムに意識を向けて聞こう!

では、発音の変化に対応するためにはどうすればいいのでしょうか。


変化するパターンを覚える

まず、変化する発音を全部覚えてしまうというのがひとつの解決策となります。よく、変化したカジュアルな発音、つまりリエゾンなどをカタカナで覚えてしまおうという教材がありますよね。”in front of"は「インフラナ」、"get up"は「ゲラッ」と聞こえるなど。

私は使ったことはありませんが、ハイディ矢野さんの「ハイディの法則77」という教材があります。アマゾンで評価が高いようです。こうしたものを使うことが、とりあえずの解決策になります。

ただ、変化する音というのはたくさんあるので、暗記するとなると、無限にパターンを覚えなければならないことになります。このような暗記が苦手な場合は、上級者のように、英語のリズムに耳を傾けて英語を聞く練習をするのがオススメです。


英語の強弱のリズムをつかむ

英語の音の最大の特徴は強弱のリズムにあります。強のリズムの所では単語ははっきりと発音されるので聞き取りやすいのですが、弱のリズムのところでは単語がかなり弱く発音されます。結果、発音が変化し、聞き取りにくくなります。

先ほどの例で言うと、"Does he enjoy it?"のheとenjoyの"en”の部分が弱のリズムに相当します。だからこの部分の発音が変わってしまっているわけです。

リズムを意識しないと強リズムの部分しか聞こえませんが、英語のリズムに耳を傾けると、弱の部分にも意識がいくようになります。

そうすると、発音が変化する箇所というのが体感的にわかるようになります。そして、発音の変化のパターンも理解できるようになるのです。結果、発音が変化しても対応できる耳が出来上がっていきます。

また、単語を一語一語聞き取りたいという衝動に駆られてしまうのは、日本語のリズムにしばられているからです。これについては、無料講座で詳しくお伝えしていますので、そちらを見てみてください。

 

コツ②:かたまりを意識し、英語の語順で英語を聞こう!

初心者は、聞き取れたわずかな単語から、何を言っているのかを推測しようとします。更に、日本語の感覚で英語を聞いていることがよくあるので、聞き間違えが多くなります。

例えば、英語では最初の出だしが大事ですが、日本語では最後の方が大事です。そのために、最初よりも最後の方を集中して聴いてしまっている場合があります。

また、日本語ではよく主語を省略するためか、英語を聞くときにも主語を聞き逃している人は多いです。日本語と英語とでは、時間の表し方がちがうため、Did you...とDo you...を聞き分けていない場合もあります。

一方、上級者は、文法を身に付けているので、英語の語順で英語を理解しています。聞き取りにくい所がある場合には別ですが、適当に推測しているわけではありません。

もちろん、推測が必要な場面は多くあります。映画だと聞こえづらいもしくは聞こえない個所が多くあったりしますし、明確に言葉として示されていない場合はもちろん行間を読まなければならないことだってあります。

でもこれは、初心者が文法を無視して英文を適当に推測・解釈するというのとは全くちがいます。

言い換えると、初心者は単語レベルで英文を適当に理解しようとしているのに対し、上級者は文法に従い、かたまり、フレーズ、文レベルで英語を理解しているということもできます。

 

かたまりで英語をとらえるためには?

では、かたまり、フレーズ、文レベルで英語を理解するためにはどうすればいいのでしょうか。

まず、当然ですが、文法を身に付けることが大事です。しかし、注意が必要なのは、問題集で文法問題が解けるようになったからといって、リスニングができるようになるわけではないということです。

問題集で文法問題を解くときは、時間をかけることができます。それに比べると、リスニングは一瞬の出来事です。つまり、かなりの理解スピードが必要なのです。したがって、文法は頭で理解するだけでは不十分です理解ではなく、体得しなければいけないのです。

テニスの素振りを思い浮かべてみましょう。素振りをするときに、まず右足を出して、次に左手を前に置き、ラケットを引いて、ボールが来たらラケットをこの位置に動かして…。なんていうふうに、頭でいちいち考えていたら、試合ではとてもじゃないですが、スピードが追いつきません。

考えなくても体が動く状態にまで持ってきて初めて、試合に出られるわけです。英語でも同じです。まず主語が来て、次に動詞が来て、次に前置詞が…なんて考えていたら、リスニングでは間に合わないですよね。

文法を身に付け、英語の語順を体得するためのトレーニングがあります。それが、スラッシュ・リーディング(フレーズ・リーディングとも呼ばれます)による音読です。やり方はこちらで紹介していますので、ぜひお読みください。

 

コツ③:英語は英語のまま理解する練習をしよう!

初心者の人は英語を日本語に訳して理解しようとします。一方、上級者の人は、英語を英語のままで理解しています。英語を英語のままで理解するということが、リスニングでは特に重要です。

日本語に訳して理解しようとすることがなぜいけないのかを説明しますね。

例えば、中学卒業レベルと言われている英検3級のリスニングテストでは、音声が2回繰り返し読まれます。更に、解答するまでに10秒ほどの時間があります。このようなテストの場合、日本語に訳してから回答するということが十分に可能です。時間があるからです。

しかし、実際の会話では、同じ英文を2回繰り返すということはありませんし、10秒も待ってはくれません。英語でスムーズにコミュニケーションを行うためには、日本語に訳す時間はないのです。

また、日本語に訳すことの弊害もあります。ここでは詳しく触れる紙面がありませんが、「母語干渉」と言って、日本語と英語で混同してしまう結果、文法や解釈などのミスが多くなるからです。

中級者、上級者へと進みたいのであれば、日本語を捨てましょう

 

日本語を捨てるってどういうこと?

日本語を捨てるとは、英語を聞いている際に、日本語を頭の中で思い浮かべないようにするということです。

英語と日本語を同時に介在させるのは、通訳者などの上級者ならこなせる技であって、初心者が真似すべきではありません。

では、英語を英語のまま理解するとはどういうことなのでしょうか。それは、英語をイメージで直接理解するということです。

直接理解というのは、英単語もしくは英文を聞いたり見たりしたときに、頭の中で直接イメージを思い浮かべることができている状態です。参考までに、下記を見てください。

<日本語を介して理解している場合>
apple→「りんご」(という訳語)→りんごのイメージを思い浮かべる

<日本語を介さず理解している場合>
apple→りんごのイメージを頭の中で思い浮かべる

appleは「アップル」とカタカナ日本語になっていますので、appleをいちいち「りんご」と訳してから頭でイメージする、という形で理解している人はあまりいないと思います。他の単語についても、同じように、日本語を介さず理解する回路を頭の中に作っていく練習をするのです。

まずは、単語レベルで回路を作っていくのがいいでしょう。写真や絵などを見ながら、目に入ったものを直接英語にしていく練習をするのです。例えば、「机」が目に入ったら、「机」を思い浮かべずに、deskとつぶやきます。

単語を言うことに慣れてきたら、同じように日本語を介さずに、今度は写真や絵が表している状況を英文で表現する練習をしていきましょう。

ちなみに英文を作る作業は、文法を理解していないと難しいところがあります。英文法を日本語訳に頼らず、イメージで理解することを助ける良書、大西泰斗先生の「イメージ英文法」などがありますので、文法を身に付けたい方はそちらを参考にしてみてください。

英語を英語のまま理解する、そして英語の回路を作るためのヒントについては、こちらのサイトでも紹介しています。その中の一部をご紹介しますので、関心のある方は読んでみてください。

「TOEICで高得点を取るにはどうすればいいの?②」
『できる』人の単語の覚え方
『できる』人の熟語の覚え方

まとめ

・初心者と上級者では英語の聞き方が違う
・初心者は単語を聞き取ろうとするが、上級者はリズムを聞こうとする
・初心者は適当に英語を解釈するが、上級者は文法に従い、フレーズレベルで英語を理解している
・初心者は日本語訳して英語を理解しようとするが、上級者は英語を英語のままで理解している

 

関連コンテンツ

リズムを身に付けるための方法を解説:無料レポート「英語が聞き取れるようになる方法」
フレーズで英語をとらえるための学習法:スラッシュ・リーディングによる音読
リズムを徹底的に学びたい人へ:教材「リズム音読で英語リスニング・トレーニング」

 

「リスニングが苦手な人のために」メニューに戻る

 

コメント

コメントを残す



(このメールアドレスは表示されません。)


Captcha認証コード

Captchaをクリックすると違う文字候補が出てきます。


投稿者

シェア: