万人向けのリピーティングと上級者向けのシャドウイング

 

分類分け

リスニングの練習法には、大きく分けて多聴と精聴があります。

多聴はたくさん英語を聞くこと、つまり量を重視して、内容を大ざっぱに理解する練習を指します。一方、精聴は、一文一文を丁寧に聞き、聞き取れなかったところや理解できなかったところを詳しく見ていき、聞き取れるように、そして理解できるようにするための練習です(詳しくは、「多聴と精聴」の記事をご覧ください)。

今回ご紹介するリピーティングとシャドウイングは、このうち、精聴の練習に分類できます。

 

リピーティングは万人向け、シャドウイングは中上級者向け

中学の英語の授業で、先生が教科書を読んだ後、クラス全員で先生の真似をしてあとに続ける、という練習は誰もがやったことがあると思います。いわば、あれがリピーティング練習です。リピーティングは初級者から上級者まで、誰にでもできる効果的な練習法です。

ただ、シャドウイングは中級者から上級者向けの練習です。もともと通訳のための練習でもあり、難易度が高いので、初心者は手を出さない方がいいでしょう。初心者は、まずリピーティングから始めることをオススメします。リピーティングに慣れ、ある程度英語の音とリズムに慣れて、スピードについていけるようになってきたら、その段階でシャドウイングに挑戦してみるといいでしょう。

 

リピーティングとシャドウイングの効果

リピーティングは、英語の音やリズムに慣れるのに適した練習法です。正しく行えば、英語の音を的確にとらえることができるようになります。また、テキストを見ずに、耳だけを頼りに音を再現する形で練習を行えば、英語のフレーズを一時的に記憶する力が高まります。

英語を聞いていても、単語が右から左に流れていってしまう、という経験はありませんか。また、英文を読んでいても、読み終わった瞬間に何が書いてあったのか忘れてしまう、なんてことがありますよね。これは理解スピードとも関係していますが、この一時的に記憶する力が弱いために起こる現象でもあります。一時的な記憶力が高ければ高いほど、相手の言った文が長かったとしても覚えていられるようになります。つまり、この記憶力はリスニング力を上げるために必要な能力なのです。

また、耳だけで英語を聞いた場合、聞こえた英語を日本語に訳してして理解してしまうことがあります。しかし、リピーティングは英語を再現する(口にする)ことに集中するので、日本語を介さず、英語のみに集中することができます。

シャドウイングは、聞こえた英語をすぐさま発話していかなければならないので、集中力が必要です。流れている音をきちんと聞きながら、同時に声に出していくので、とても負荷の高い練習法です。ある程度英語を聞き取れるようになった人が、更に余裕をもってリスニングができるように、また、細かい音まできちんと聞き取れるようにするなど、リスニング力を更に向上させるために有効な練習法です。

あとで書きますが、リピーティングもシャドウイングも、スピーキングの基礎となる練習法でもあります。特にシャドウイングは、スピーキングの練習として効果を発揮します。

 

リピーティングのやり方

なるべくはっきり丁寧に発音された、やさしい教材を選びましょう。スピードが早い音声CDなどをうっかり買ってしまうとついていけず、挫折してしまう原因になります。勉強は継続できることが一番です。背伸びせず、自分にとって学習がしやすいものを選んでくださいね。

音声CDを再生し、ネイティブスピーカーが読んだ英文を、そのまま真似して繰り返します。やり方としては、音声を流して1文ごとにポーズを押し、1文をそのまま繰り返す方法と、もっと短く切って、フレーズレベルで繰り返す方法とがあります。

例えば、It took me a long time to get my hair long.という英文が読まれるとします。音声が読まれたら、文の最後でポーズを押し、同じように”It took me a long time to get my hair long.”と繰り返します。

ただ、1文だとちょっと長いですよね。発音の仕方やイントネーションなど、すべて頭に残した状態で1文を丸ごとリピートするのって結構難しいものです。中、上級者になってくるとできますが、初級者のうちは3~5語くらいの単語を覚えるので精一杯です。なので、まずはフレーズレベルで切って練習する方法が個人的にはオススメです。

次のように、フレーズレベルで切って、そこでポーズを押してリピートをします。

It took me a long time / to get my hair long.

It took me a long time→”It took me a long time”

to get my hair long→”to get my hair long” という感じです。

(ちなみに、この方法はスラッシュ・リーディングによる音読でも取り上げています。あちらでは音読の中に組み込んでいますが、これ自体は同じ方法です。)

スラッシュ・リーディングの時と同じく、テキストを見ずに、耳だけで音声を聞いてリピートするのがポイントです。テキストを見てしまうと、視覚にとらわれてしまい、純粋な音だけを聴くということが難しくなります。耳が鍛えられた状態なら大丈夫ですが、初心者の人は英語の音を聞くこと自体に慣れていないことが多いので、練習の効果を上げるために、なるべくテキストは見ないようにしてください。文字に頼らず耳だけで再現するという練習が、先ほど説明した一時的な記憶力の向上にも役に立ちます。ちなみに、音だけ聞いて繰り返せないところは、きちんと聞けてないということですので、自分の弱点だということになります。

補足となりますが、ヘッドホンかイヤホンを使って練習すると、音に集中できるのでオススメです。

 

シャドウイングのやり方

シャドウイングについてはもっと詳しい記事をアップしました。英語のシャドーイングができるようになるプロセスを徹底解説!

リピーティングと同じく、比較的はっきり丁寧に発音された教材を選ぶといいでしょう。まずは、リピーティング練習をしてください。5回は繰り返しましょう。リピーティング練習にある程度慣れてきたら、シャドウイングに挑戦します。

シャドウイングでは、音声を止めず、音声に合わせる形で自分も声を出していきます。音声と全く同じタイミングで声を出すというのは不可能ですので、音声よりも0.1秒か0.2秒くらい遅らせて発話していきます。つまり、音が聞こえてきたら、その音をすぐさま同じように再現し、その流れを止めずに発話していく、という形になります。

このとき、余裕がないと、ついついスピードに負けないようにと、音声をあまり聞かずに、「頑張って」声を出してなんとかスピードの帳尻を合わせる、ということをしてしまう人がいますが、それはNGです。あくまでも、音声をきちんと聞いている状態で、余裕をもって発話をしていきます。

最初は、うまく発音できなかったり、つっかえるところがあったりすると思います。そういうところは集中練習し、9割がたうまく言えるようになるまで練習しましょう。

 

「できない」と思ったら、無理にやらない

「スピードについていけない、余裕がない」と思ったら、無理にシャドウイング練習をする必要はありません。気負わず、リピーティングの練習に戻りましょう。シャドウイングはもともと、難易度の高い練習法です。シャドウイングだけが唯一の学習方法ではありません。他にすべき練習はたくさんあります。

英語の実力がついてくると、シャドウイングが比較的楽にできる状態になる日がやってきます。その日を楽しみに待ちながら英語の勉強をしていきましょう。あせる必要はありません!

ちなみに、耳がまだあまりできていない段階だと、シャドウイングだけをしても、なかなか効果が出ない場合もあるので注意が必要です。私個人の経験なので、全員に当てはまるかどうかはわかりませんが、私自身、リスニングが全然できなかった時に、リスニング力をあげようと、一生懸命シャドウイングをやっていた時期があるのですが、効果が薄かったのです。耳ができていないため、本来の発音とずれた発話をしていたことが原因かもしれません。

また、シャドウイングが嫌いだという人もいます。でも、その方はネイティブ並みに英語がペラペラなんですよ!つまり、シャドウイングは、英語上達の唯一無二の方法ではない、ということは言えるかなと思います。私自身はシャドウイングの練習は結構好きで、スピーキング能力を高めるのに大いに役立ったところがあるので、オススメの方法ではありますが、自分の資質やレベルに合った方法であるかどうかは、ご自身で試してぜひ検証してみてください。


シャドウイングはスピーキングにもいかせる

あくまでも私の場合ですが、シャドウイングは、リスニング力の向上よりも、スピーキング力向上の効果の方が高かったように思います。リスニングがある程度できるようになった状態から、シャドウイングの練習を始め、気に入った例文を30回から50回、カランメソッドなどを使って練習していました。

そうすると、口をついて英語が出てくるようになり、英語らしい発話・リズムでもって英語がしゃべれるようになりました。

シャドウイングは最初からは難しいですが、リピーティングやスラッシュ・リーディングによる音読の練習などをこなしていけば、シャドウイングもできるようになります。

すらすらっと口から英文が出てくると楽しいですよ!日々の練習は地味ですが、ぜひ上達を楽しみにして練習していってみてください。

シャドウイングについてもっと詳しく知りたい方は、英語のシャドーイングができるようになるプロセスを徹底解説! をどうぞ。

 
「リスニングにはどんな勉強法があるの?」に戻る

 

コメント

コメントを残す



(このメールアドレスは表示されません。)


Captcha認証コード

Captchaをクリックすると違う文字候補が出てきます。


投稿者

シェア: