これをおさえれば完璧!英語リスニング勉強法の全体像

listening_study

リスニングにだって、きちんとした学習の流れがある!

「リスニングの学習?」
「英語をとにかくたくさん聞けばいいんだよ!」
「慣れだよ慣れ!!」

こんな話をよく聞くかもしれません。確かに、リスニング学習においてはたくさん英語を聞くことが大事です。でも、それだけでは不十分だし、非効率なんです。

英語の長文を読めるようになるためには、まずは文法を学習して、次に単語を覚えて…など、ちゃんと学習の流れがありますよね。けれども、リスニング学習となると、なぜか「とにかくたくさん聞け!!」という話になってしまいがちです。

でも、リスニング学習にだって、長文読解の学習と同じように、習得までの方法論があるんです(みんな、あんまり教えてくれないけど…)。

このページでは、リスニング習得までの全体像についてお伝えしていきます。

 

リスニング習得には、2つの側面がある

まずは、下図を見てください。

listening_flow

リスニング習得には、2つの側面があります。

1つは音を聞き取る力です。

リスニングに当たっては、音が聞き取れなければどうしようもありませんよね。いくら単語をたくさん知っていたって、聞き取れなければ、コミュニケーションの際には役に立たないわけです。

音を聞き取る力というのは、リズム、そして発音の習得によって可能になります(もっと詳しく言えばイントネーションなども含まれますが、ここでは話を簡単にするために、発音とリズムにとどめておきます)。

もうひとつは、意味を理解する力です。

発音やリズムがわかって、音を聞き取ることができても、文法や単語の意味を知らなかったら理解ができません。

また、ゆっくり読むのなら理解することができたとしても、早いスピードで行われる会話にはついていけません。したがって、理解スピードも重要な要素となります。

この2つの側面を強化することがリスニング学習において重要になります。

 

音を聞き取る力

先ほども述べたように、音を聞き取るためには、リズムと発音の習得が必要です。

特に、リズムの習得が大事です。なぜかというと、発音はリズムに呼応して変化するからです。主従関係で言えば、リズムが「主」であり、発音は「従」だと言ってよいでしょう。

リズムを習得すれば、音の聞き取りが上達しやすくなります。また、スピーキングのスムーズな発話が可能になります。けれど、リズムという観点から英語学習を勧めているところはあまり多くありません。したがって、本サイトで一番力を入れているのがリズム学習なのです。

リズムと発音、そしてその相互の関係について知りたい方は、以下の記事や無料レポートをご覧ください。

リズム・発音についての無料講座&無料レポート&教材

無料講座「英語が聞き取れないなんて言わせない!」
無料レポート「あなたの英語が変わる!リズムで学ぶリスニング&スピーキング」
教材「なみのリズム英語 リズム音読で英語リスニング・トレーニング」

なみのリズムでは、リズムを学んで音の聞き取り力を上げる、「リズム音読レッスン」を提供しています。リズム音読レッスンについて知りたい場合はこちらをご覧ください。

なみのリズムの音読レッスンFAQページ

 意味を理解する力

音を聞き取る力がある程度ついてきたら、次は意味を理解する力を強化していくことが必要になります。

文法の知識や単語力を強化していくことはもちろんですが、特に必要なのは理解スピードを上げることです。

目で英文を読むときと違って、リスニングは戻って読み返しするということができません。また、相手が話すスピードを遅めてゆっくり聞くということもなかなかしがたいものです。

そこで重要になるのが、日本語訳による英文の理解から脱すること。そして、イメージを核として英語を理解できるようになることになります。

この力を強化することで、リスニングだけでなく、英語の総合力が飛躍的にUPします。

①イメージを核とした語彙・文法の学習と理解スピードの強化

以下の記事では、英語を日本語訳ではなく、イメージで理解するためのコツを紹介しています。

イメージで英文をとらえられるようになると、英文の処理スピードがグーンと上がります!

文型の本質が分かる無料講座もどうぞ。
文型の本質を理解し英文をイメージでとらえる講座

 

②フレーズ(スラッシュ)・リスニングによる学習

これまで培った語彙や文法の知識を力に変えるプロセスが、フレーズ・リスニングの学習になります。

いわば、「知っている」状態から「できる」状態にするトレーニングです。

英語を聞き流すだけの練習をしていると、聞こえた単語に頼って適当に意味を推測する、「あてずっぽうリスニング」になってしまいがちですよね。

推測することもリスニングの上では重要なのですが、むやみやたらな推測では、内容を誤解してしまうことが多くなってしまいます。

英文を読むのであれば、何度も読み返して正確な意味をつかむことも可能ですが、一度しか聞けないリスニングにおいては、そういったことはできません。つまり、この状態は「(英語を)知っている」状態ではあるけれども、「(英語が)できる」状態であるとは言えないわけです。

そこで、英語を英語の語順に従って聞く「フレーズ・リスニング」の練習が有効になります。

以下の記事では、フレーズ(スラッシュ)・リスニングのやり方を説明していますので、ぜひご覧ください。

その他、リスニング学習を強化するための学習法

私のサイトでは、上記で述べてきた学習方法さえ行えば、リスニングの上達には十分だと考えていますが、場合によってはディクテーションやシャドウイングの練習を行うことも、リスニング力の補強になります。特に、シャドウイングはスピーキングの力につながります。

ここでは、ディクテーションやシャドウイングなど、他のリスニング学習法や概念についてお伝えしています。

参考にしていただき、必要であれば随時リスニングのトレーニングに加えてみてください。

 

その他のリスニング関連記事

その他のリスニング学習お役立ち記事はこちらからどうぞ。

読み書きはできるけど、リスニングができない…
TOEICのリスニングスコアを上げたい!

 

リスニングだけでなく、英語学習そのものの全体像を知りたい人は、こちらのオーディオセミナーをご利用ください。リスニングは音の聞き取りだけでなく、語彙力・文法力・読解力も含まれます。全体像を知った上で学習を進めることで、もっとリスニングを上達させることができます。

自分の望む英語力を手に入れる!3か月速習オーディオセミナー

ホームに戻る