意外と知らない英語の発音 ”look”を正しく発音できる?

英語の発音と言えば、LとRのちがいを気にする人は多いですよね。

けれど、LとR以外にも、注意すべき発音がいくつかあるんです!

今日はそのうちのひとつの、lookを取り上げます。

 

lookって意外と、正しく発音できないんです。

日本語の感覚で”look”と言おうと思って、「ルック」と発音するじゃないですか。

そうすると…

ネイティブの耳にはですね。

「lookじゃなくてLukeに聞こえる」そうなんですよ!

ちなみに、Lukeは人の名前です。聖書で言うと、ルカのLukeです。

lookとLuke。

この2つ、カタカナで書けば「ルック」と「ルーク」ですよね。

注意すべきは、Lの次の「ウ」の発音なのですが、

これは、「ウを伸ばすか伸ばさないか」の違いではないんです。

これ、結構ショックじゃないですか?

lookなんて、中学校1年生で習う簡単な単語。なのに、実はきちんと発音できてなかったなんて^^;

でも、ちょっとコツを覚えれば、lookは簡単に発音できるようになりますよ^^

この”oo”の発音は、”good”や”cook”など、とってもよく出てくる発音です。

この発音ができるようになるだけでもかなり英語らしくなるので、ぜひここでマスターしてください★

 

簡単にできる!lookの正しい発音

では説明していきます。

Lukeとlookの単語の読み方を発音記号で書くと、

Lukeは”lúːk”。
lookは”lˈʊk”。

です。

“lúːk”の”úː”は、ちょっとはっきりめに「ウー」と発音すれば、日本語の発音感覚でいけます。

しかし、日本語の発音にはないのが”lˈʊk”の”ʊ”の発音なのですね。

この「ウ」は、ちょっと低い声で、喉の奥から発音することがポイントです。

食べ物がのどに詰まったときとか、「うっ」て言うじゃないですか。そのあたりに声を響かせるイメージですね^^

口はあまり開かず、弱く、短く、「ウ」と言いましょう。

では、練習してみてください。

look, Luke, look, Luke….

実際の発音は、Weblio辞書を参照してみてください。

look        Luke

 

えっ?差がわからない?

その場合は、リスニングの時に耳をよく済ませるようにしてみてください。

そうすると、だんだんとちがいがわかってきますよ。

発音自体はコツをおさえれば簡単なので、ぜひ練習してみてください^^

自分が発音できるようになると、人の発音の違いにも敏感になってきますから!

 

もっと知りたい人へ

発音のコツについて、もっと知りたい人はこちらをどうぞ^^

 

発音は大事ですが、気にしすぎるのはあまりよくありません。発音を気にしすぎて、話す内容に意識がいかなくなっては元も子もないですから…^^;

そして、通じる発話には、発音よりも大事なことがあるんです!それについてはこちらの記事で書いているので、ぜひ読んでみてください。

 

もしこの記事があなたのお役に立てたなら、「いいね」や「シェア」して下さい。励みになります。
↓↓↓↓↓