英語が通じないのは発音が悪いから?発音改善のコツは?

英語を話すのって、結構勇気がいりますよね。

それだけに、「思い切って話してみたけど、通じない…」なんてことがあると、へこんでしまうものです。

私もそうでした^^;)。

思い切って、ひとこと・ふたこと英語を言ってみるものの、相手は「?」という顔をしている。

(えっ、なんで!私の発音どこかおかしい??)

なーんて、心の中はドキマギ…。

英会話のハードルを下げるために必要なこと。

それは、「自分の英語が通じる」という安心感、自信をまず持つことですよね。

そこで、今回は、自分の英語に自信をつけるための発音改善のコツについて述べていきます。

その前に、大事なこと。

そもそも、「なぜ自分の話す英語が通じないのか」について最初に見ておきましょう。

 

英語が通じないのは、発音の悪さが一番の原因ではなかった!

私は今まで、英語がペラペラにしゃべれる人を何人も見てきましたが、2種類のタイプの人がいるんです。

1つは、発音がきれいで、かつ、英語がペラペラな人。
そしてもう1つは、「発音はいかにも日本人…!」なのに、全く問題なく外国人とコミュニケーションを取っている人、です。

「あれ?英語が通じないのは発音が悪いせいじゃないの?」って思った方。

そうなんですよ。私も英語が通じないのは発音が悪いせいだとずっと思ってたんですけど、実は、そうでもないんです。

私は昔、NGOで少しだけボランティアとして働いていたことがあります。その時のことですが、そのNGOの本部があるスイスでずっと勤務している女性が、外国人と話すのを聞く機会がありました。

そのときびっくりしたのは、彼女の英語の発音が「バリバリ日本人」だったことです。でも、英語は本当に流暢で、よどみなくしゃべっていました。彼女と会話していた外国人の方も、全く聞き返すことなく、スムーズにコミュニケーションを取っていました。

彼女だけじゃありません。「発音は本当に日本人」だけれども、問題なく外国の方とコミュニケーションを取っている人は、他にもたくさんいるんです。

このサイトを訪れた人は、「自分の発音を改善したい」と思ってこのサイトを見ていると思います。

もちろん、発音がいいにこしたことはありません。その方がかっこよく聞こえますし、ネイティブスピーカーの標準発音に近い方が、聞き取りやすいことは確かです。でも、まずはこの事実を知っておいてほしいのです。

日本人発音でも英語で流暢にコミュニケーションを取れる人はたくさんいる」ということを。

※注 「発音」は定義上、個々の音だけでなくイントネーションやリズムを含む「言語の発声の方法」を言います。しかし一般的な感覚的な使われ方では、単語に含まれる個々の音声の発声を指すので、この記事でも言語の発声の方法という全体的な意味ではなく、狭い意味で使っています。

 

通じる英語のために。発音以上に大事なこととは?

さて、「日本語発音でも英語は通じる」というのはどういうことなのでしょう?

ちょっと昔のデータになるのですが、とある研究結果があります。

「ネイティブスピーカーは、日本人が話す英語のどこに一番不自然さを感じるのか」について探った研究です(竹蓋幸生著『日本人英語の科学』による)。

これを、発音・リズム・イントネーションの要素に分けて調べたところ、なんと、その結果は…

発音というわけではなかったのです。

ネイティブスピーカーが一番不自然だと感じたのは、なんとイントネーションでした。そしてその次に不自然だと感じたのがリズムであり、最後が単音の発音だったのです。

これって、ちょっとびっくりですよね。

girl_surprise

だって、大抵の人は一番に発音を直そうとするじゃないですか。イントネーションを一生懸命勉強している人ってあんまりいないのではないでしょうか。

でもこの研究結果は、私の今までの経験と一致します。つまり、発音は全く持って日本人で、LとRの発音の差も全くないような感じなのに、問題なく英語が通じているという人々。

彼らは、イントネーションやリズムはそこそこ英語のルールを守って、話しているからではないでしょうか。

 

すぐにできる英語発音改善のコツ

さて、発音よりもイントネーションとリズムが大事だとは言っても、発音をないがしろにしろというわけではありません。

発音を上手にすることで、相手にとってより伝わりやすい英語になりますから、発音を直すことは大事です。

でも、全てを完璧にネイティブのような発音に近づけようと思ったら、大変ですよね^^;

なので、まずは簡単に直せる発音や間違っていると誤解を招きやすい発音を優先して練習して、それ以外の発音はボチボチと練習していきましょう、というのが私の提案です。

そこで、ここではそのための発音改善のコツを4つお伝えします。

①大きな声で、息を使おう!

fやh、pなどの子音は、日本語と違って、息を多く使います。

日本語の感覚で子音を発音すると、弱すぎて全然相手に聞こえないので、大きな声で、大きく息を使うつもりで発音しましょう。

例えば、fは日本語の「フ」ではありません。

上と下の唇を閉じて、唇を横に開いて、その唇から息を漏らすように発音します。口の形はちょっと違いますが、ため息を漏らすときのような感じです。

hも、日本語の「ハ」ではありません。

全速力で走った後に「ハッハッ」と息が切れますよね。そのときのような感じで息を出して発音します。

pの場合は、スイカの種を庭に飛ばすような感覚で、「プッ」と発音してみましょう。

では実際に、ネイティブの発音に合わせて練習してみてください。

f

 

h

 

p

 

これからは、英語を聞くとき、「息の音」に耳を傾けてみてください。思った以上に、ネイティブが発音するときに息を使っていることがわかると思います。

②子音と母音を分けて発音しよう!

英語らしく発音するもうひとつのコツは、子音と母音を分けることです。

例えば、tie。

 

日本語だと「タ・イ」という認識で発音すると思うのですが、英語では、tとieの2つという認識で発音します。「トゥ・アィ」が正しい発音なのですね。

先ほども述べたように、tも多く息を使います。上の歯に舌先をつけて発音しますが、このとき鋭くはじく感じで発音してみてください。

小学校の時、リコーダーを習ったと思います。そのときに、「トゥ・トゥ・トゥ」と舌をリコーダーの先に付けて音を出しましたね。このとき、息を鋭く出さないと、いい音が出なかったはずです。

あの要領でtを発音するのです。

そして、その次に「アィ」と発音しましょう。そうすると、一気に英語らしくなります。

このように、子音と母音を分けるという意識を持つだけで、発音が全体的に変わります。

同じ要領で、子音と母音を分けることを意識し、以下の単語を発音してみましょう。

tie

 

fish

 

dog

 

③thの発音は、tとdに置き換えよう

英語の発音の中でも難しいのが、thの発音です。

thは上の歯に舌をつけるかすべらせて発音する摩擦音ですが、練習しないとなかなかできるようになりません。

世界的に見ても、thの音を持っている言語は少ないせいか、ネイティブ以外の英語話者でも、この音を適切に発音できない人は多く存在しています。

ただ、発音できないからと言って、thの音を日本語の「ス=s」や「シ=sh」もしくは「ズ=z」の音で代用してしまうと、別の意味の単語になってしまうので、これはよくありません。

例えば、thinkのthをsで代用してしまうと、sinkになってしまい、「沈む」という別の意味の単語になってしまいます。

thの発音がうまくできない人は、tやdで代用している場合が多く見られます。

もしあなたもthの発音に難しさを感じるなら、thinkはtink→「ティンク」、thereはdere→「デア」など、置き換えて発音しましょう。これならすぐにできるはずです。

④RとLの発音では、舌を付けるかつけないかを意識しよう

大雑把に言うと、RとLの発音の違いは、舌をつけて発音するかしないかで区別することができます。

Rは、舌を口の中のどこにもつけずに発音します。まず舌を平らにしておき、「ウ」もしくは「ル」と言いながら、舌先を軽く持ち上げましょう。

ただ、Rの音は、最初は単体だと発音しにくいです。なので、ここでは、最初に母音の「ア」をつけ、「ア」のうしろにRをつけて発音してみてください。まず、「ア」と言ってから、平らになっている舌先を、少し上に持ち上げるのです。

では、お手本の発音を聞いて、練習してみましょう。

(A)R

慣れてきたら、最初に母音をつけず、Rだけで発音してみてください。

さて、お次はLの発音です。

Lの発音は、舌を上の歯茎よりも少し上のところにつけて発音します。「ル」と言いながら、舌先を歯茎の上につけて発音してみましょう。

では、お手本の発音を聞いて、練習してみましょう。

L

ちなみにRの発音は、できるようになるまでに、ちょっと練習が必要です。舌をどこにもつけずに発音するには、舌の筋力が必要だからです。

ですから、Rの発音が難しいなと思ったら、まずはLの発音をできるようにしておくといいでしょう。

 

通じるための英語。発音以外の要素は?

先ほど、通じる英語を発話するためには、発音以上に、大事なことがあると書きました。それは、イントネーションとリズムでしたね。

ここからは、更に通じやすい英語を話すために、この2つの要素についてお話ししていきます。

まずは、イントネーションからです。

イントネーションって?

イントネーションとは、音の調子の上げ下げ、言い換えると、抑揚のことです。

例えば、Do you~から始まる疑問文は、最後を上げ調子にしますよね。一方、What~などから始まる疑問文は、最期を下げ調子で発話します。これは、中学校1年生で習いますね。

けれども、イントネーションをもっと深く学ぼうとすると、もっと事情は複雑であることに気が付きます。

例えば、Thank you.を下げ調子で言ったら「ありがとう」というお礼の意味になりますが、Thank you.を上げ調子で言った場合、サービスを提供している側がお礼を言う、事務的な表現になります。

ちょっとニュアンスが変わるのですね。

日本語でも考えてみると分かると思うのですが、同じ言葉やフレーズでも、言い方によって、ほめ言葉が嫌味にもなりますよね^^;

とすると、イントネーションがいかに大事かということがわかると思うんです。

微妙な意味合いがイントネーションに乗るからこそ、伝わる英語を話したいと思ったら、発音だけでなくイントネーションにも気を付けてくださいね。

リズムって?

さて、お次はリズムです。英語学習の肝になるので、本サイトで一番大事にしているところです。

発音を勉強していると、「発音だけではなくて、リズムも大事だよ」ということをよく聞くと思います。これは、本当です!

というのも、イントネーションもですが、発音とリズムは切っても切れない関係だからなんです。

なんでかというと、発音はリズムにしたがって変わるからです。

単音のfやthやrやlなど、それだけを個別に練習することも大事なんですけど、リズムによって、これらの発音は消えたり、次の音とつながったり(リンキング/リエゾン)します。

だから、リズムを知らない状態で発音だけ練習しても、ちょっと片手落ちになってしまうんですね。

ですから、発音と一緒にリズムを学んでおくことはとっても大事なんです。

 

発音よりも、リズムの方が早く習得できる!

cheetah1

発音は、どこまでネイティブに近づけるかという目標にもよりますが、習得までにある程度の時間がかかります。

例えば、先ほども述べたように、Rの音は、舌に筋肉をつけないと発音できません。また、thの音もかなり難しいです。

しかも、話す練習をしている人ならお分かりだと思いますが、発音を気にしながら英語を話すというのは、結構大変なんです。

話す内容を頭の中で組み立てるだけでも、頭の中はいっぱいいっぱいじゃないですか^^;しかもその上、発音まで気を付けるというのは、かなりトレーニングをしないとできないことなんです。

一方、リズムを習得するのは、比較的簡単です。どこを強く読むか、どこで区切りをつけるかという問題なので、意識を変えればすぐにできることです。少なくとも、口に筋肉がつくまで待つ必要はありません。

しかも、リズムを学べば、なぜリエゾンやリンキングなどの音のつながりや、音の消失などが起きるのかがわかるので、発音練習の大きな助けにもなるんです。

なので、私としては、難しいthなどの発音練習だけに一生懸命になるよりは、リズムを重視して習得してほしいのです。

リズムを学ぶことで、あなたの話す英語が通じる英語に変わるのですから。

 

あのキッシンジャーも、ドイツ語なまりを直そうとはしなかった

みなさんは、アメリカの有名なかつての外交官であり、国際政治学者であるヘンリ・キッシンジャーをご存知でしょうか。

彼はドイツ出身ですが、強いドイツ語なまりの英語で知られています。それでも、あえてそのなまりを直そうとはしなかったそうで、むしろそのなまりが彼の魅力のひとつになっていたとも言われています。

今や英語は世界語です。ノンネイティブの英語話者の数は、標準発音のネイティブスピーカーよりもずっと多いのです。

(サーチナの記事によれば、ネイティブスピーカーは約3億3000万人であり、ノン・ネイティブスピーカーは15億~18億人だそうです。ソース:http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2012&d=0323&f=column_0323_007.shtml)。

とすると、いろんな発音の英語があって当然だということになります。

同じ英国内でさえ、アイルランドやスコットランドなまりの英語は、標準的な英語とは発音がかなり違います。母音の発音が完全に変わるものがあるので、ネイティブさえ意味がわからないことがあるようです。同じ英語ですら、ナマリは存在しているのです。

先ほどの研究結果でも見たとおり、イントネーションやリズムがあまりにも違うと、不自然さが目立ち、意志疎通に障害が出るようになりますが、発音のナマリに関しては、いろんな国の出身の人がますます英語を話すようになっている現代において、避けられないものだと思われます。

もちろん、あまりにも通じないようなひどい発音は直さなければいけませんが、少々の発音の違いはその人の個性だとも言えます。

発音練習はそこそこに、イントネーションやリズムをしっかり練習して、自分のナマリに自信を持ち、堂々と英語を話してほしいと思います。

buddha

 

リズム音読のススメ

さて、リズムよく、流暢にかっこよく話すための学習方法として、当サイトがオススメしているのがリズム音読です。

英語のリズムを聞き取り、それを再現して声に出すという練習方法で、リスニング力をつけながらスピーキング能力もつけることができる、欲張りな学習法です。それを学ぶことができるのが、「なみのリズム英語 リズム音読でリスニング・トレーニング」です。

「歌やチャンツで英語のリズムを真似しよう!」というコンセプトの教材は他にもたくさんありますが、理論をきちんと理解した上で、リズムを学べる類書は他にはないです!

「リズムが大事だ」ということに気づいた人は、試してみる価値大、です。

なみのリズム英語 リズム音読でリスニング・トレーニング商品ページを見る。

 

リズム音読がわかる無料レポート、関連記事など

リズム音読がわかる無料レポート

「教材を購入するのはちょっと…」という方は、無料レポート「あなたの英語が変わる!リズムで学ぶリスニング&スピーキング」をぜひ読んでください。

リズムからとらえる発音変化のルール、リズム音読のやり方がこのレポートで理解することができます。このレポートの内容だけで、自分の発話をグーンと改善できちゃいますよ!

無料レポート「あなたの英語が変わる!リズムで学ぶリスニング&スピーキング」

 

英語のリズムについてもっと知りたい方は、こちらの記事もどうぞ。

 

「もっとスピーキングの上達法を知りたい」という方

発話以外のスピーキングのコツについては、以下の記事でお伝えしていますので、是非ご覧ください。

 

英語の発音についてもっと知りたい方

発音についてもっと知りたい方はこちらをどうぞ。

 

関連記事

 

もしこの記事があなたのお役に立てたなら、「いいね」や「シェア」して下さい。励みになります。
↓↓↓↓↓