RとLは聞き分けだけの問題ではない!それ以上に大事なこととは?

こんにちは^^ なみのリズムのアサコです。

今日はRとLの発音をヒントに、リスニング力(音の聞き取り力)UPの秘訣を教えていきます。

「RとL」というと、日本人にとって聞き分けが難しいとか、発音をきちんと仕分けないと、外国人に誤解を与えるから気をつける必要があるとか、そういう話はよく聞きますよね。

でも、、、、最近、気がついたんです。

それ以前に、もっともっと大事なことがあるんじゃないかって。

 

1.そもそも、RもLも聞こえていない!?

生徒さんにリスニング問題を解いてもらって聞き取れないパターンというのが、大抵、単語の中にRかLが入っている場合なんです。

例えば、“He is the owner of the art gallery.” という英文があったとしたら、“the owner of”のところが聞き取れない。

“He’ll win the game.”という英文だったら、Heまでは聞き取れるのですが、その次の”llは聞こえないんですね。

振り返ってみれば、私自身も昔、この2つの音が入った部分の聞き取りが苦手でした。ディクテーションをするとごっそりと抜けてしまうのです。今なら、わかるんですけど。

ということは、

RとLを聞き分けられるかどうか以前の問題として、そもそも、多くの人がこの2つの音を認識さえできていないということが推測できます。

もちろん、発音練習などをする際に、単音でそれぞれの音を聞くなら聞くことはできると思います。ここで問題なのは、文中でRかLが出てくるとわからなくなってしまうということです。

文の中になると、両方とも聞こえなくなってしまうのです。

 

2.「聞こえない」の定義がわかれば対策が打てる

さて、「聞こえない」と書きましたが、何を持って「聞こえない」と言うのかを考えることが大事です。

これを理解しておくと、自分の現状把握とリスニング力UPに役に立ちます。

■「聞こえない」パターン①
音を聞き逃す。そこに音があるということすら認識していない。

■「聞こえない」パターン②
そこに何かしらの音があることはわかるが、何の音なのかがわからない。

① のパターンは、リズムを認識できているかどうかの問題です。他記事でも書いていますが、英語と日本語のリズムは異なります。英語のリズムを知らないと、日本語のリズムで英語を聞いてしまうので、音を聞き逃すことになります。

リズムについて詳しく知りたい人は、こちらの記事をご覧ください。

英語の強弱のリズム。学校では習わないけどとっても重要!

② のパターンは、リズムは認識できている(もしくは認識できていなかったとしても、音を捉えることはできている)が、何の音であるのかがわからない状態です。

今回の記事では、②のパターンの対策について書きます。

 

3.RとLの音を認識するためにはどうしたらよいのか

ひとつできることは、カタカナで英語をとらえることをやめて、RとLそれぞれの音の響きに慣れることです。

RとLの音は、場合にもよるのですが、私たちが思っているような「ラ行」の音ではないことが多いです。ですので、カタカナでとらえると音が認識できません。そこで、「ラ行」でとらえるのをやめ、「Rってこういう音だな」、「Lってこういう音だな」という音の音色を把握するようにします。

例えば、Rはくぐもったようなこもった音です。

そしてLは、あまり認識されていないことなのですが、実は発音する直前にあいまい母音が少し入ります。そのあと、「ウ」のような息の流れが止まるような音がします。

面倒なのは、単語の最初に来るか最後に来るかで、音色が微妙に変わってしまうことです。

その意味で、両者とも実は、ラ行の音には似ても似つかない音になることが多いのです。

RやLを聞き取れない人が多いのは、「それぞれラ行に近い音である」と思い込んでしまっているからだろうと思われます(これは、知人からの指摘で気がついたことです)。

 

4.音色を把握するってどういうこと?

英語のリズムを認識できるようになると、そこに音があるということがわかるようになり、音の聞き逃しがなくなります。

これができたら次のステップは、英語の母音・子音の音色、音の響きに慣れることです。これができてくると、かなりの程度音が聞き取れる状態になってきます。

音の響きに慣れるというのは、楽器の音色を把握することに似ていると私は思っています。

吹奏楽やオーケストラで例えてみます。吹奏楽やオーケストラに造詣が深くない人は、ところどころで目立つメロディーを聴いても、それが何の楽器による演奏なのかはわからないと思います。

例えば、あるメロディーがビオラの音色なのか、コントラバスの音色なのかは、意識して聞いている人でないとわからないと思います。

トランペットとクラリネットの音はあまりにも音色がちがうので、慣れていなくてもわかるでしょうが、クラリネットとオーボエの音色は、ちがいをまったく考えたことのない人には、どっちがどっちかわからないかもしれません。

しかし、少し聞き慣れさえすれば、両者は全くちがう音色を持っているのがわかります。

英語の子音と母音の響きも、似たようなところがあります。聞き慣れさえすれば、それぞれが全く違った音色を持っていることがわかるのですが、意識しないと、全くわからないのです。

英語をカタカナ発音でごまかさず、楽器の音色を聞くように、英語の音色やスピーカーの息遣いを聞くようにしましょう。そうすると、耳が敏感になってきて、英語の響きがわかり、細かいところまで音が聞き取れるようになります。

RとLが具体的にどんな風に聞こえるのかは、近々また記事に書きますので少しお待ちくださいね!

それではまた^^