英会話上達の秘訣は、相手の言葉を真似すること!

リズムで英語をマスターする!なみのリズムのアサコです。

このサイトでは、英会話をこなすためには、日本語訳から考えるのではなく、イメージで英語をとらえ、英語の発想を学ぶことが大事だということをお伝えしています。

たとえば、

・日本語から英作文をするのではなく、写真やイラストなどから英作文をする方法
・日本語訳ではなくイメージで英単語や熟語を覚える方法

などです。

今回の記事では、英語の発想を学ぶためのひとつの方法として、「英会話上達の秘訣は、相手が言ったことを真似すること」というテーマでお話をしていきます。

 

言語(会話能力)習得のプロセスとは?

私たちが日本語を話せるようになったのはなぜでしょうか?

ほとんどの人が覚えていないかもしれませんが、それは、小さな頃、親が話す言葉を一生懸命真似して練習したからです。

小さな子を見ていると、親が言った言葉を、何回もしつこく繰り返したりします。それから、小さな子の話し方って、親とそっくりだったりします。親の口癖は、そのまま子どもの口癖になるんですよね^^;

親が標準語を話せば、子どもも標準語を話しますし、方言を話していれば、方言を話すようになります。

これは、大人が会話を学ぶ方法論としても、そのまま当てはめることができます。

例えば、人類学者が未開の地の原住民の中に入り、彼らの言語をマスターするとしましょう。

未開の地の住民なので、文法書も辞書もありません。この場合、学者はどうやって言語を習得するでしょうか。きっと、原住民と一緒に生活をする中で、耳で一生懸命彼らの言葉を聞こうとするはずです。

知らない言語であっても、大体3か月から半年くらいをその環境で過ごすと、耳が慣れてくるものです。耳で彼らの発音をキャッチできるようになったら、今度は音で単語やフレーズを覚えられるようになりますよね。

そうすると、例えば水は「○○」で、やかんは「××」だということがわかるようになります。そして、よく発せられる口癖やフレーズなどが耳に付くようになってくるはずです。

日本にいる外国人は、よく「ええと」とか、「あの」とかいう言葉を上手に真似しますよね。日本人の口癖ですからね。

このように、大人であっても、相手が話す言葉をそのまま真似して発することで、会話の仕方を覚えていくわけです。

ある程度単語やフレーズを覚えたら、今度はその中で規則性を見出すことができるようになるでしょう。いわば、実地で文法を学ぶわけです。

 

学校教育に足りないのは、音を軸とした英語学習

私たちは学校で、逆のことをやります。

まずは文法を覚える。まずは単語の綴りを覚える。そして、次に発音の仕方などの音を学ぶわけです。

読み書きがメインであり、リスニング学習は二次的なもの。むしろ、オマケのような扱いになっています。

つまり、私たちには「音を十分にインプットする」というプロセスが欠けているのです。

これこそ、私たちが英会話が苦手である原因でもあります。会話は「音」のやり取りですからね。

先ほどの人類学者の例では、音だけで単語やフレーズを覚えていて、文字は覚えていないので、読み書きはできないことになります(もしくは、そもそも文字が存在していないかもしれません)。

私たちは逆なんです。

読み書きはできても、会話ができない。それは、「音」を軸とした学習を行っていないからです。

海外に留学して英語をマスターした人は大抵、「相手が言うことを真似して会話を覚えた」と言います。

私の場合は海外に留学せずに、国内で英語をマスターしましたが、プロセスは同じです。

外国人と話す中で、彼らが話したフレーズをそのまま耳で覚えました。そして、自分でも使うように練習しました。また、車の中で何回もCDをかけ、役立ちそうなフレーズを何回もリピートして覚えました。

文字媒体ではなく、音媒体で英語を覚えたのです。

 

会話習得に必要なのは、音でイメージをINPUTすること

さて、瞬間英作文についての記事で、英会話ができるようになるためには、日本語訳から英作文をするのではなく、イメージから英作文をすることが大事だということを話しました。こちらの記事です。

 

イメージから英作文をするには、音から学ぶのが最強です。

文字と違って、音にはいろんな情報が含まれています。悲しい声もあれば、怒っている声、楽しそうな声もあるでしょう。

例えば、怒っている声というのは強烈ですよね。怒っている声の”That’s fine!”というフレーズを覚えたら、まさか、このフレーズを「今日は晴れています」とか、「元気です」なんで訳さないはずです。

半ギレ状態で、「もういいよ!」という意味です。

でも、このフレーズがもっとやわらかい調子で発せられたら、「それでいいよ、OKだよ」という意味になります。

こうした音声インプットがあると、自分も半ギレ状態になったときに、その怒りの感覚から”That’s fine!”と言うことができるようになります。同様に、穏やかな気持ちで「いいよ」というときにも、そのにこにことしたイメージから、”That’s fine.:-)”と言うことができるでしょう。

thatsfine

つまり、日本語を訳すのではなく、感情的な部分から直接英語のフレーズを引き出すことができるようになるんです。これが、イメージ・感覚で英語を話すということです。

このように、音声情報と共に場面でフレーズを覚えるというのは、すごく効果的なんです。

音で覚えれば、場面やイメージと共に英語を覚えられるので、日本語を介する必要がないのです。

さて、ここまでで、相手の言葉を真似すること、音を媒体にしてフレーズを覚えることが、いかに英会話に役に立つかおわかりいただけたでしょうか。

 

相手の言葉を真似するには、リスニング力が必須!

ただ、ここで問題になってくるのが、リスニング力なんです。

リスニング力、つまり英語を聞き取る力がなければ、相手の言葉を真似することはできないからです。

その意味で、自然な英会話能力を身に付けるためには、リスニング能力が不可欠なのです。

けれど、日本人は概して、英語を聞き取るのが苦手です。

だから、文字に頼って英語を覚えようとしてしまうのです。でも、これが落とし穴なんです。

みなさんは、英会話本を片手に、一生懸命お役立ちフレーズを、文字から覚えようとはしていませんか?

例文を一生懸命文字から覚えようとしては、挫折するということを繰り返してはいませんか?

文字から英語を覚えようとするのは、リスニングに苦手意識がある場合が多いです。

かくいう私も、昔リスニングが大の苦手だったので、気持ちはよくわかります。

そして、私も同じ間違いを犯していました。文字から一生懸命英文を覚え、会話をしようとしていたんです。

でも文字から英語を覚えようとしても、なかなかスムーズにいかないんですよね。

文字媒体で英語を覚えた結果として、英会話ができるようになった人というのは、少なくとも、私は見たことも聞いたこともありません。

会話ができる人はみんな、耳から聞いて英語を覚えているのです。

 

リスニングが苦手なら、ぜひリズム音読を!

先ほども書いた通り、私は以前、リスニングが大の苦手でした。何をやってもうまくいかず、試行錯誤ばかり。その苦労を積み重ねてやっと見つけ出したのが、リズム音読という学習法です。

リスニングに苦手意識があるなら、ぜひリズム音読を試してみてください。

英語が聞き取れるようになり、音で言葉やフレーズを覚えられるようになる結果、英会話をするのがすごく楽になります。

リスニングができると、実際の会話を通して、英会話を上達させていくことができるので、楽しいですよ^^

リスニング力を上げて、英会話ができるようになりたい!という方はぜひ下記の記事をお読みください。

 

関連記事

 

もしこの記事があなたのお役に立てたなら、「いいね」や「シェア」して下さい。励みになります。
↓↓↓↓↓