英文が覚えられない!と思ったら→英語の構文のつかみ方・覚え方

こんにちは 🙂 リズムで英語をマスターする!
なみのリズムのアサコです。

高校生の時、英語の構文を丸暗記しなければいけなくて、苦労したという経験はありませんか?

一生懸命覚えたはずなのに、もうはるか記憶のかなた…なんて人も多いと思います。

でも、構文を本当の意味で習得すれば、英語を聞く力や話す力にもなるんです。

そこで今日は、構文のつかみ方について説明していきます。

 

そもそも構文って何?

構文とは、いわば文章の決まった型のようなものです。

私たちは普段、パターンで会話をしていますよね。

例えば、誰かと会話しているときに、

シンさん
明日雨だったら…

というフレーズを聞いたら、
そのあとに「どうするのか」という文が来る、ということが推測できるはずです。

また、

シンさん
この映画、全然…

というフレーズを聞いたら、
そのあと「面白くない」とか、「感動できない」とか、そういった否定の言葉が続くということが予測できますね。

文章というのは、こうした決まった型(パターン)からできているんです。

このパターンがわかると、次に来る情報が推測しやすくなる。だから、私たちは、言葉を理解することができるのです。

「たぶん…」と言ったら、「…じゃないかな?」と言いたくなる。
「絶対…」と言ったら、「…だよ!」と言いたくなる。

これって、条件反射的ですよね?理屈で考えているわけではありません。

構文の学習とは本来、この感覚を養うことなんです。

 

英文や日本語訳の丸暗記はダメ

さて、このことが理解できれば、構文の英文を丸覚えしたり、日本語訳を丸暗記することが、なぜ役に立たないのかがわかると思います。

丸暗記すると、そこには「感覚」がありませんよね?

この言葉が来たら、次にこう言いたくなる。

この感覚が大事なのであって、この感覚なしに丸暗記しても、忘れるのは当然なのです。

では、この感覚をどうつかんだらいいのか、いくつかヒントをお伝えしていきますね。

 

「足りない情報を追加していく」という感覚を持つ

構文の感覚をつかむ方法のひとつは、「足りない情報を追加していく」という感覚を持つことです。

例えば、

シンさん
This is the house….

(「これは家なんです」)ときたら、

アサコさん
どんな家なのか?

が気になります。

そこで、どんな家なのかという情報を追加するわけです。

そのとき、その情報を追加する接着剤として、where(場所を表しているので)を用いるという意識を持ちます。

where Shakespeare was born.

シンさん
This is the house where Shakespeare was born.

これは家です→どんな?→シェイクスピアが生まれた

同じように、

I found it difficult…(「難しいってわかりました」)ときたら、

「何が難しかったのか?」が気になります。

そこで、難しかったことの内容を追加します。

このとき、その情報を追加する接着剤として、toを用いるという意識を持ちます。toは、この後にも述べますが、「これ!」と指をさしているようなイメージを持つといいでしょう。

to pass the examination.
I found it difficult to pass the examination.
難しいってわかったよ→何が?→その試験に受かることがね。

これは、語順感覚でもあります。

英文を読みながら「次にこういう情報が来るはずだ…」という感覚を持てるようになったら、正解です。

 

つなぎ言葉の意味を感じる

もうひとつ大事なことは、さっきのこととも関連するのですが、つなぎ言葉の意味を感じるということです。

asの感覚

例えば、as。

asの基本的な意味は、「並べる」ということにあります。

次の例文を見てください。

アサコさん
I have the same computer…

「私、同じパソコンを持ってるよ」

「同じ」ときたら、「何と同じなのか」が気になります。

そこで、次のように付け足すわけです。

アサコさん
as yours ( your computer).

「あなたのパソコンと。」

こんなふうに、何かと何かを並べるときに使うのがasなんです。

同じように、

I am as old…. 「私、同い年なんです。」→誰と?
as you.  「あなたと」

という構文も中学で習ったはずですね。

toの感覚

もうひとつの例として、toの感覚もつかんでみましょう。

I asked him…. 「私は彼に求めたんです」

とくれば、「何を?」ということが気になります。

to help me. 「私を助けてくれるようにと」

このときのtoは、「これ!」と指をさしているような感覚です。

同時に、相手に行先を示している感じなのです。

go to school/ go to work「学校に行く」「職場に行く」などの、行先を示すtoと同じように、I asked him to help me.のtoも、行動の行先を告げているわけです。

他にも、soやthatなど、構文におけるつなぎ言葉はいろいろあります。

それぞれどんな役割を果たしているのか、意味を感じ取れるようになりましょう!

 

感情を込める

crying_girl

言葉というのは、少なからず感情と結びついています。

構文においても、感情を感じ取れるようになると、構文本来の感覚をつかみやすくなります。

例えば、It is natural that he should be angry. という構文があります。

これは、「彼が怒るのも当然だ」という意味ですが、なぜshouldが入るのかわからず、shouldを入れるのを忘れる人が多いと思います。

構文集などの解説を見ると、「命令、要求、提案、主張などを表す動詞や形容詞のあとのthat節にはshouldが入る」というような説明が大抵書いてあります。

でも、これではわかりにくいですよね。

要は、「こうだ!」「これやらなきゃ」「こうだと思うの!」という風に、ちょっと強い感情が込められるとき、その気持ちがshouldに表れるという感覚を持っておけばよいのです。

倒置も同じです。

So shocked was she that she fainted.
「彼女はとてもショックを受けたので、気絶してしまった」

she とwasがひっくり返ってますが、ショックを受けたことを強調するがあまり、その勢いで主語とbe動詞がひっくり返ってしまった、と考えてはいかがでしょうか。

例文を無機質なものとしてとらえていると、構文も覚えられません。

日本語で、
「だから言ったじゃないの!」
「でも…!」といったフレーズが自然と口から出てくるように、

言葉は、感情と結びついていると出てきやすくなります。

こうした感覚が身に付くと、構文を使って、文章をその場で組み立てていくことができるようになります。

これが、読み書きの力はもちろんのこと、聞く力、そして話す力にもつながっていきます

ぜひ参考にして日々の学習に役立ててください。

 

構文についてもっと知りたい人へ

構文についてもっと知りたい方は、文型の意味もつかんでおきましょう。

前置詞の意味がわかると、構文や熟語の意味がよく理解できるようになります!

以下の教材は、私が今まで読んだ中で一番本質をついているオススメの本です。どちらかと言えば、中級者向きではありますが、ひと通りの知識があるという人にも必読の本ですよ!

prepositionイラストで広がる英語の世界~前置詞編

英語の語順感覚を身に付けたい人は、スラッシュ・リーディングを練習しましょう!

 

もしこの記事があなたのお役に立てたなら、「いいね」や「シェア」して下さい。励みになります。
↓↓↓↓↓