スキマ時間を活用し英語を上達させるには、リスニング学習が効果的

bouquet

あなたは英語が得意ですか?

おそらく、多くの日本人は英語が苦手だと思います。

英語が得意な人は、日常使う環境にあるとか、英語を教える仕事をしているでしょう。そのわずかな人を除けば、できることなら勉強したくないと思っているに違いありません。それでも、何かのきっかけで英語の勉強をしなければと思って、このサイトを見ているのではないかと思います。

英語は得意ではない…、でもなんとか身に付けなければならない。そういう状況になったら、どうすればいいのでしょう?

そのカギはいくつかありますが、そのひとつにスキマ時間をうまく使うことがあげられます。

この記事では、英語が得意でない人が、スキマ時間をうまく使い英語を身に付けていくための方法、それもなるべく最短の方法をお伝えしていきます。

(記事、現在リライト中なのでちょっと読みにくいと思います、すみません^^;近日中に更新します。)

ある日突然、職場で英語が必要になる可能性

英語なんていらないって思ってたのに、ある日突然仕事で英語が必要になる。こんな事態があなたにも訪れるかもしれません。

楽天、ユニクロ、ソニーなど、英語を社内公用語化する会社が出てきていますよね。「そんなのグローバルな大企業だけでしょ。俺には関係ないだろう」。そう思っているかもしれません。でも、これからの社会はそうはいかないかもしれないのです。

近年話題になっているTPP交渉は知っていますよね。TPPに日本が加盟し、条項が国内で施行された場合、今進んでいる英語化が、よりいっそう加速する可能性があるのです。

TPPの条項の中に「政府調達」という内容があります。TPPに加盟すると、海外の事業者が国内の事業にどんどん参入してくるようになります。その場合、そのやりとりは英語で行わなければならないと決められているのです。

そうすると、今まで英語とは無縁だった地方公務員なども、英語を身に付けなければならなくなります。国内の様々な事業が規制緩和されるということは、海外に合わせ、私たちはどんどん英語を使わなければならなくなるということです。

政府調達については、以下を参考にしてください。

日本語の概要版53頁「政府調達の章」
○調達計画の公示(第15.7条)
調達機関は、対象調達ごとに、附属書に掲げる適当な紙面又は電子的手段により調達計画の公示を行うこと、締約国は、調達計画の公示に英語を用いるよう努めること等を規定。

このような社会の流れ――特に英語の公用語化――に警鐘を鳴らしている本があります。施光恒著「英語化は愚民化 日本の国力が地に落ちる (集英社新書)」です。

このサイトは英語学習者のためのサイトですが、私自身は日本で英語を公用語化するという話にはあまりいい印象を抱いていません。理由は以下の記事に書いてあるので、もし興味があったら読んでみてください。

 

さて、それなりの年齢になると、仕事量も責任も増えますよね。それだけでも大変なのに、さらに「英語の勉強をしろ」と言われたら、アタマが真っ白になるのではないでしょうか。

時間的にも気持ち的にも余裕がない。そんな状態で実用的な英語を身に付けようと思ったとき、どんな勉強法を行えばいいのか?その答えは、すでにタイトルにある通り、スキマ時間をうまく使って勉強することです。

そして、スキマ時間を有効に使うために始めに身に付けておくといいのが、リスニング―ー特に音の聞き取り能力――なのです。

 

学校でやってきた勉強法だけでは、実用英語は身につきにくい

リスニングやスピーキングはできなくてもいい、という人もいるかもしれません。目標とする能力はリーディングとライティングだと。でも、それだけやっていたのではいずれ壁にぶち当たります。

自然な言語習得のプロセスを考えてみましょう。

まず、赤ちゃんは声を出すことを学びます。声が出せるようになったら、両親の言葉を聞き、両親の口真似をしていく中で、発音を学んでいきます。簡単な口語をまずは習得し、その次に文字を読むようになります。本を読み、自分でも文章を書くようになっていきますね。英語の学習においても、この流れに沿って学んでいくとスムーズなのです。

聞く→話す→読む→書く
リスニング→スピーキング→リーディング→ライティング

言語において、この4つの技能は密接に関連しています。それぞれが、それぞれの能力を補い合っているのです。

自然な言語学習のプロセスを考えたとき、耳に入ってくる英語の音をとらえ、真似をするというのが最初にするべきことです。

真似しようとするとキチンを音をとらえていないとできませんよね。目で見て知っているフレーズでも言うことができますけど、実際の発音とずれていることもよくあります。これでは真似できているとは言えません。

ここでネックになるのが、多くの日本人はリスニングを苦手としていることなんです。学校英語では、リスニングをきちんと学ばないからです。もちろん、リスニングテストは約10年前から導入されており、英語の音を聞く機会はあります。でも、英語の音がどういうものなのか、どういう仕組みなのかということについて、きちんと習った人はほとんどいないでしょう。

ここが、学校の英語学習の盲点になっているんですね。言語学習において赤ちゃんが真っ先にすることを、私たちはやっていないのです。

音声が欠如していると、どうなるか。日本語で考えてみてください。

上手な日本語は、読んでも美しく響くものです。読みにくい日本語は、たいていのところ悪文です。私たちは日本語を読むときも、大抵心の中で音読しています。心の中でスムーズに読むことができると、意味もスムーズに頭に入っていきます。

音声が欠如している状態で、どうして英語の書き言葉をスムーズに理解することができるのでしょうか?英語のリズムを知らずに、ナチュラルな英語が書けるでしょうか?

逆に言うと、リスニングに自信がつくと、英語力もグングン伸びるのです。そここそが、私たちが学校で習っていない部分だから、伸びしろなのです。

ちょっと話がそれてしまいましたが、本題。リスニングができるようになると、通勤時間や休憩時間などのスキマ時間が有効に使えるようになります。机に向かわなくても学習できるようになるからです。子どもが耳から様々なボキャブラリーを学ぶように、私たちも耳から英語を学べるようになります。

 

リスニング力を高めるためのステップ

リスニング力を伸ばすと、総合的に英語力が上がること。そして、スキマ時間で効果的に英語が学べるようになることについて述べてきました。

では、ここで、自分の実力をチェックしておきましょう。

客観的におおよその能力を見極めるにはTOEICのスコアが分かりやすいです。もしくは英語は学校で学んで以来で、TOEICなんて受けていないという人もいるかもしれません。その場合は、自分では能力の判断ができにくいと思います。その場合はこちらでおおよその実力を想定してみて下さい。

自分のレベルと弱点の克服法を知る①

 

では、次に、どうやってリスニング力を伸ばすかについて述べていきます。

「リスニングの学習?」
「英語をとにかくたくさん聞けばいいんだよ!」
「慣れだよ慣れ!!」

こんな話をよく聞くかもしれません。確かに、リスニング学習においてはたくさん英語を聞くことが大事です。でも、それだけでは不十分だし、非効率なんです。

英語の長文を読めるようになるためには、まずは文法を学習して、次に単語を覚えて…など、ちゃんと学習の流れがありますよね。けれども、リスニング学習となると、なぜか「とにかくたくさん聞け!!」という話になってしまいがちです。

でも、リスニング学習にだって、長文読解の学習と同じように、習得までの方法論があるんです(みんな、あんまり教えてくれないけど…)。

リスニングは大きく分けて二つ「音を聞き取る力」と「意味を理解する力」があります。

そして、「音を聞き取る力」は「リズムをつかむ力」と「発音を聞き分ける力」があります。

また、「意味を理解する力」は「語彙力・文法力」「語順感覚」「理解スピード」があります。

listening_flow音が聞き取れないと、文字で分かる簡単な英文でも、何を言っているのかさっぱりだったり、間違った英文を思い浮かべてしまったりして、リスニングになりませんよね。

なのでまずは「音を聞き取る力」を高めるのが肝心だと言うことがわかっていただけたと思います。
「音を聞き取る力」でも、「発音」を気にする人は多いですが、「リズム」を気にする人は少ないのではないでしょうか。

実は、発音が悪くてもリズムがいいと英語は通じるし、聞き取ることもできるんですよ。
□英語が通じないのは発音が悪いから?発音改善のコツは?(リンク)

さらにさらに、「発音」よりも「リズム」の方が簡単に身につけられます。
うれしいことに、リズムが分かれば、これまで全然聞き取れなかった「リンキング」なんかの高度な音のつながりも聞き取れるようになるんです。
と言うわけで、「リズム学習」を当サイトでは一番におススメしているのです。

「意味を理解する力」のうち「語彙力・文法力」は学校で英語を学んできてある程度できる人が多いと思います。でも単語のコアの意味や、5文型の本当の意味などが分かっている方が実用的です。こちらが文法を学ぶ上でのお役立ち記事です。参考にどうぞ。

 

「語順感覚」をつけるためには、英語を英語の語順に従って聞く「フレーズ(スラッシュ)・リスニング」「フレーズ(スラッシュ)・リーディング」の練習が有効です。
It is said that pets can help to relieve your pain.という文を、It /is/ said /that/ pets/ can/ help/ to/ relieve /your/ pain. と読まずに It is said that / pets can help/ to relieve your pain.
(~と言われている/ペットは~できる/(人の)痛みをやわらげることが) と3つに分けて読むのが「フレーズ(スラッシュ)・リーディング」です。
以下に詳しく載せています。参考にどうぞ。

こちらも分かりやすいですよ。

 

「理解スピード」を高めるためには上記のさらにイメージで理解できるようになることが効果的です。
詳しくはこちらをどうぞ。例えば簡単な単語「りんご」「apple」はイメージしやすいですよね。同じように文章でも英語から日本語にいちいち訳すよりイメージで理解する方が早いです。

 

もっと詳しく知りたい方は以下のリンクをご覧ください

 

英語のリズムを身に付けるためには

リスニング力を高めるにはいろいろな勉強法があることがお分かりいただけたと思います。さらに、リスニング力が高いということは他の能力にも使えるということも分かると思います。
で、当サイトで一番重要視している「リズム」を身につけるためにはどうするのか?
→「リズム音読」という方法をおススメしています。

 

もっと詳しく学びたい方は「なみのリズム英語 リズム音読で英語リスニング・トレーニング」が当サイトオリジナルのリズム音読を学ぶ教材です。ぜひ活用して下さい。

 

まとめ

  • 英語が公用語になるかどうかわかりませんが、突然降って沸いたようなことが起こりえる
  • 今までの勉強法では実用的な英語力は付きにくい
  • スキマ時間を使うために、まずはリスニング力をつけるのが大事
  • リスニング力をつけるためには、「リズム音読」が近道