英語の音読で陥りがちなワナ きちんと効果を出すためには

あなたは適切に音読できていますか?

音読でよくありがちな「ワナ」にはまっていませんか?

英語学習と言えば、今や音読がブーム。学校の授業でも積極的に音読が活用されるようになり、音読に活用できる学校指定のテキストなども登場するようになってきました。

しかし、適切な音読の仕方をきちんと理解している英語の学習者さんは、まだまだ少ないように思います。

学習法は薬と同じようなものですから、飲み方、やり方を間違えると水の泡どころか、逆効果になってしまうこともあります。

音読でやってしまいがちな間違った練習方法については、

でも触れていますが、今回の記事では、もう少し先まで踏み込みます。

「正しく行っていると思っているけれども、実は落とし穴にはまっている」パターンというのがあるのです。今回はその対策法をご紹介しますね。

ここさえ気を付ければ、音読で間違えることは絶対ないはずです!!

 

空読みを避けるためにスラッシュ・リーディングは必須。でも…!

dog

音読で陥りがちな落とし穴はいくつかありますが、一番やってしまいがちなことに、「ただ読んでいるだけで意味を理解していない」というものがあります。

音読学習の目的のひとつは、英文の意味をさっと理解できるようになること、つまり読解スピードを上げることにあります。更にはリスニング能力を上げていくことにありますから、こうなってしまっては本末転倒です。

でも、読むことに集中しているとそれだけで精一杯だということ、よくありませんか?

英語の強弱のリズムに意識を向けたり、発音に気を付けながらきちんと読んだりするだけでも結構大変な作業ですよね。声に出して読んでいると、英文の意味まで考えられなくなってしまいがちなんです。

とすると、ただ読む練習をするだけでは不十分

そこで、英文の意味を理解するための練習として、スラッシュ・リーディング(フレーズ・リーディング)とサイト・トランスレーションを行うことが大事になってきます。

スラッシュ・リーディングとサイト・トランスレーションのやり方についてはこちらの記事をご覧ください。

しかし、問題はこれらをやっていても効果が出にくい人がいるということです。

 

スラッシュ・リーディングをしても効果が出ない人がいる!

もちろん、効果が出ない理由は、そもそも音読回数が足りないとか、他の要因もありますが、それは別記事に譲るとして、ここでは「意味の理解」という観点から、対策をお話ししていきます。

このサイト・トランスレーションの練習法には、ひとつ、見落とせない落とし穴があるのです

それについて、説明していきますね。

音読で陥りがちなワナ=ただ機械的に訳しているだけで、英文の意味を理解していない

apple

英文を意味のかたまりごとに日本語訳していくというサイト・トランスレーションは、英文の語順を把握する上では大事な練習です。

しかし、意識しないとつい、機械的に訳してしまうことがあります。その結果、英文本来の意味の理解をおろそかにしてしまう、という本来の目的とは逆の現象が起きてしまうことがあります。

私の生徒さんに高校3年生の受験生の女の子がいました。サイト・トランスレーションは得意で、実際、とても上手に日本語訳をすることができました。しかし、不思議なことに、模試の結果はさんざんなものだったのです。偏差値で言えば、40くらいしかない。

おかしいなと思っていろいろ探ったところ、英文はそこそこ訳せるのですが、問題が解けないということがわかりました。

不思議だと思いますか?

この現象、実はよくあるのです。

とりあえず英文を日本語に訳すことはできるけれども、実は意味を理解していないんですね。

つまり、英語をとりあえず日本語に置き換えている自動翻訳機みたいな感じなんですね。自動翻訳ってわけわからない日本語になりがちですじゃないですか。これと同じです。この「自動翻訳」の癖がついてしまっている人は、実際よく誤訳をしますし、訳した日本語の意味を取れないことがあります。

たとえば、次のような具合です。

There are some big differences / 彼らは大きなちがいです(× thereをtheyと勘違い)
between Japanese society and Western society / 日本社会と西の社会の間に(× 意味を考えていないので助詞が不適切)
and one of them is about telling the truth./ そのひとつは真実を言うことについてです→(ここで、「真実を言うことって何?」とよくわからなくなる)

ちなみに、thereをtheyと間違える現象は、初心者の人に多く見られます。初心者は日本語に訳すだけで精いっぱい。なので、意味まで考えることができません。それで、theyやthereのような似た単語で混乱してしまうのですね。

しかし、意味を考えながら読んでいけば、この英文は西洋と日本との比較文化の話だということが把握できるはずです。そうすれば、「真実を言うこと」=「本音とたてまえ」の日本の慣習と関係がある話だ、とピンと来るはずなのです。

ここで、「とりあえず日本語訳できればいい」というところで音読で終わらせてしまうとします。そうすると、本来の目的である「英文の意味を理解する」というところまで到達できません。結果、学習が中途半端になります。

そして、読解力UPが達成されにくくなります。

「英語を直読直解する(英文を日本語訳せずに、イメージと結びつけて理解する)」のが、音読本来の目標なのですが。

大事なことなので言っておきますが、英文を理解すること=日本語訳することではありません。

英文が意味するところをイメージで理解することがゴールなんです。

日本語であっても、難しい話は理解できないことがありますよね。理解できないというのは、突き詰めていえば、頭の中でその言葉を表す意味がイメージできないということです。

「理解できる」というのは、イメージができるということなのです。

イメージで英語を理解するとはどういうことか?こちらの記事にも書いてあるので、参考に読んでみてください。イメージで英語が理解できると、英語も早く読めるようになります。

 

英語をきちんと理解するための対策法

上記に書いたような「機械翻訳式」サイト・トランスレーション。

もしこれをやってしまっているのなら、それを避けるために次の音読法を試してみてください。

日本語に訳さないと英語を理解した気がしないなど、日本語にとらわれがちな人にもオススメの方法です。

 

①英文の内容を自分の言葉で説明する(日本語でOK)

サイト・トランスレーションでとりあえずの逐語訳をします。その後、隣にいる誰かに語りかけるかのように、同じ英文を自分なりの言葉で説明してみましょう。

例えば先ほどの英文でしたら、こんな風に説明してみるわけです。

「日本と西洋っていろんな違いがあるよね。例えば習慣として、相手に本当のことを伝えるかどうかってことがあるよ」

こんな感じです。これは正確な訳ではありませんが、意味としては適切だと思います。

英文を自分の言葉でかみくだいて言い直してみる。これは、意味が理解できていないとできないことです。ですから、意味を理解するためにはこの練習法をしてみることが有効な方法になります。

 

②英文の内容をジェスチャーで表現しながら、音読をする

もうひとつの方法は、英文の意味をジェスチャーで表現しながら音読をする練習方法です。これは日本語訳をせずに、イメージで英文をとらえるいい練習になります!

先ほどの英文を使ってやってみましょう。

例えば、There are some big difference…と言いながら、両手で大きな円を描き、大きな何かがあるということを表現してみる。そして、between Japanese society and Western societyのところでは、地図の中の日本とヨーロッパを指してみる。日本とヨーロッパやアメリカの地図を書いてみてもいいと思います。

そして、one of themのところで手で人差し指をたて「1」を表してみる。またis about telling the truthのところで、口から言葉を出すしぐさをしてみる、という具合です。

抽象的な内容の英文だとジェスチャーをしにくいと思います。なので、具体的な行動を伴った英文がやりやすいと思います。

この練習をしていくと、日本語訳にとらわれずに英語を直イメージで理解できるようになります。そして日本語訳をするサイト・トランスレーションよりも楽に練習できるようになるはずです。このジェスチャー音読、慣れてくると楽しいですよ^^

ぜひ試してみてください!

ちなみに、日々の学習の中で、単語や熟語などをイメージにして学習しておくことも重要です。そうすれば、スラッシュ・リーディングの練習だけでも、自然とイメージで理解できるようになりますから。

せっかく音読するなら、スピーキングも意識した音読をやりましょう。スピーキングというのは一番難しいです。つまり、スピーキング練習をすれば、英語力もぐっと上がるということです。

★効果的な英語学習→イメージを駆使することがカギ

ここまで記事を読んでいただいて、「イメージ」を駆使して英語学習することが大事だということがおわかりいただけたのではないかと思います。

英文を自分のものにするためには、英文の意味を自分なりの感覚やイメージに落とし込むことが不可欠です。けれども、ここで苦しんでいるために、英語の勉強につまずいている人が実に多いのです。

そこで、イメージや感覚を駆使して英語学習するための様々な方法を紹介した、オーディオセミナーを作りました。音読も、ただひたすらやればいいというわけではありません。どんな知識がある状態なら一番効果があるのか、そういったことも重視して説明してあります。

関心のある人はぜひご覧になってみてください。↓↓↓↓

自分の望む英語力を手に入れる!3か月速習オーディオセミナー

まとめ

  • スラッシュ・リーディングとサイト・トランスレーションによる練習だけでは、意味は理解できないことがある。そして、音読の本来の効果が発揮できないことがある。
  • 英語学習の目的は、英文を日本語に訳せるようになることではなく、イメージで理解できるようになることにある。
  • 機械翻訳状態を避けるためには、英文を自分なりの言葉で説明する練習と、ジェスチャー音読が効果的。

 

この記事で出てきた関連記事

効果バッチリ★スラッシュリーディングによる英語の音読

音読してるけど英語が話せない!?話せるようになるための音読4つのコツ

もしこの記事があなたのお役に立てたなら、「いいね」や「シェア」して下さい。励みになります♪