英作文を練習したい。何から始めたらいい?コツとヒントは。

こんにちは、英語講師14年目のなみのリズムのアサコです。

皆様いかがお過ごしですか。私は、大好きなミュージシャンのライブがこの夏にあることを知り、今からドキドキしています。激レアなので、うまくチケット取れるといいのですが…。

さて、今日は英作文事始め。英文を読むことはできるけど、書くのは苦手。という人も多いのではないでしょうか。ということで今日は、英作文を得意にするヒントをお伝えします。

ちなみに、英作文をマスターすると、スムーズなスピーキングにもつながるので、会話を練習したいという人にもお勧めです。

やるべき手順を簡潔にまとめると、次のようになります。

  • 中学英語を極める
  • 便利な構文をマスターする
  • ライティングの型を真似する
  • 間違いやすいパターンを知っておく

他にもあるのですが、とりあえずこの4つを心がけておくといいです。今日は、最初の2つを説明します。

1.中学英語を極める

よく言われることではありますが、中学で習う文法を使ってすらすら英文を書いたり言えるようになれば、かなりの部分を乗り切ることができます。なので、中学英語はとっても大事です。

ここで注意すべきことは、「中学英語を極める」とは、中学レベルの問題集がスラスラ解けるということではないということです。「中学で習う英文がすらすら言える」ようにする、ということです。それが「極める」ということですね。

例えば、「Whatを使って何か英文を作りましょう」と言われて、すぐ作れるでしょうか?では、There is 構文では?

(3秒くらい)ちょっと考えたら書ける。(3秒くらい)ちょっと考えたら言える。ではダメです。瞬時に英文を作れるようにします。地道な作業ですが、中1レベルから練習をしていきましょう。

オススメ本
99パターンでわかる中学英語の総整理

2.便利な構文をマスターする

1がある程度できるようになってきたら、次はよく使う便利な構文を覚えましょう。便利な構文は、高校英語の中にあるので、高校レベルの構文集をうまく使うといいですね。

オススメ本
英語構文Linkage

しかし、構文ってたくさんありますよね。覚えるのって大変…と思う人がほとんどかもしれません。

でも、全部覚える必要は全くないんですよ。よく見聞きするようなもの、そして自分にとって覚えやすいものをピックアップすればいいです。「たくさん覚えなきゃ!」というよりも、自分が得意な表現をひとつずつ増やしていくような意識を持つといいと思います。

日本語でも、口ぐせってありますよね。自分がよく使うパターンのフレーズってあるはず。それを書き出してみて、英語ではどういうのかを調べて、ノートに書きだしてもいいかもしれませんね。

「ちょっとお願いしたいんですけど…」だったらこれ。
I’m wondering if you could help me.

「~してくださって、ありがたいです」
I appreciate that you have greatly contributed to our project.

「~できるように、すべきです」
We should make some changes to the schedule so that we can meet the deadline.

上記のような英文をさっと作るのは最初難しいと思うかもしれません。が、「1の中学英語を極める」をしっかりこなしておけば、難なくできるようになります!!

3.構文ってどうして大事なの?

文法は勉強していても、構文を使わない人って意外と多いんです。構文を使わずに日本語発想で英文を作ってしまい、わかりづらい英語になってしまうというのがあるあるですね。

そこで、ここで声を大にして言いたいです。

英作文が苦手という人は、構文を使うようにしてください!!!!!!!

「構文を使う」という意識を持つだけでも大分改善されるはずです。

言葉ってパターンなんです。言葉がなぜ理解されるかと言えば、お決まりのパターンがあるからです。私たちは、パターンを認識することで文章を理解しているのです。

パターンから外れた英文は、たとえ見た目は文法のミスがないように見えたとしても、 なにか違和感のあるものになりがちです。

構文を使うことで、自分の英文が相手に理解されやすくなる。
このことをよく覚えておいてくださいね。

それでは、また。

P.S 構文の暗記も、なるべく耳から行うことが大事です。英語の音が聞き取れるようになると、リズムで覚えられるので暗記が楽になります。

リスニングの記事はこちらをどうぞ
リスニング (naminorism.com)