英検のライティングは採点基準が甘い!?

こんにちは、なみのリズムのアサコです。

今日は、英検合格の近道が実はライティングにある!というお話をしていきます。というのも、英検のライティングって驚くほど採点基準が甘いのです。

英検と言えば、上の級にいけばいくほど覚えないといけない単語が増えて大変になります。読解も難しくなりますし、リスニングも準2級以上では1回しか読み上げられません。なので、実力のない人が短期間で力を伸ばそうと思ったら、対策はちょっと大変です。

でも、ライティングに関して言うと、点が取りやすいんです(最低限のルールさえ守れば)。短期で対策できるので、スコアを伸ばしやすい分野になります。

個人的には、「こんなに甘くていいのー?!もっと厳しくしたらどうなの」と思うくらいですが^^;、なるべく楽に英検に合格したいと思っている人も多いと思うので、この記事ではそのあたりのことをお伝えしていきますね。

1.英検リニューアルで、実は合格しやすくなった?

英検のテストは2016年にリニューアルされました。英語4技能の強化(「話す・書く・聞く・読むの4つの力」)が世間で重視されるようになり、英検4級と5級にスピーキングテストが導入され、英検3級以上の級にライティングが導入されるようになりました。

2016年以前の試験では、ライティングは英検準1級以上でしか出題されませんでした。それまでは単語・文法・読解・リスニングだけ勉強すればよかったのが、ライティングも勉強しなければならなくなったわけです。ということは、「それまでより難しくなった」と考えられそうなものなのですよね。

私も当初そう思っていたのですが、ところがどっこい。

私の指導経験から判断するに、ライティングが導入されることで、それまでよりもむしろ合格しやすくなったように思います。

以前は、リーディング(長文読解)の配点が高かったため、長文で点がとれないと英検合格はかなり難しいものでした。実際、読解が苦手な人にとっては、これが高いハードルだったのです。しかし、ライティングが導入されたことで、4技能が均等に評価されるようになりました。結果として、読解が多少悪くても、他でカバーすることで合格できるようになったわけです。

以下の配点を見ていただければそれがわかると思います。

2016年以前の配点(準1級の場合、一次試験):
リーディング51点+リスニング34点+ライティング14点
全体で7割程度を超えれば合格
→リーディングの配点が半分を占めているので、リーディングができないと合格は厳しい。

2016年度以降の配点(準1級の場合、一次試験):
リーディング750点+リスニング750点+ライティング750点
合格点:1792点(CSEスコア。偏差値のようなものであり、配点そのままの点数ではない)

→均等のスコアになったので、リーディングが多少できなくとも、他でカバーできれば合格できる。ライティングの採点が甘いので、その分合格できる可能性が高くなる。

(参考:英検公式サイト https://www.eiken.or.jp/eiken/exam/2016admission.html

リーディングが得意でリスニングやスピーキングが苦手という人にとっては、今回のリニューアルでテストが難しくなったとも言えますが、リーディングが苦手な人にとっては合格がしやすくなったと言えるでしょう。

2.読解力UPには時間がかかるが、ライティングはそうでもない

リーディングの力を上げるには時間がかかります。というのも、語彙も熟語も文法も覚えないといけないし、さらにその知識を使って文を読みこなすという作業が必要です。

しかし、ライティングに関して言えば、ハードルが低いです。型にしたがい、自分が書ける範囲のことを書いておけば、かなりの点がもらえます。自分の知っている単語で、自分の知っているやさしい文法を使い、間違いのないように書けばOKなのです。難しい構文を知らなくても大丈夫なわけで、読解ほど知識が必要ありません。

誤解を避けるために、念のため言っておきますが、ライティングは本来は難しいものです。問いに答えるため、 明快かつ論理的に答えを書こうとすれば、かなりの訓練が必要になります。ただ、英検はそのあたりの採点基準が甘いので、その意味で「簡単」に点が取れてしまうのです。

これがいいことなのか悪いことなのかは置いておいて、読解が苦手な人にとっては朗報ではないでしょうか。

3.ライティングの採点基準が甘いことがなぜわかるのか?

私が教えている中高生は、ほとんど全員がライティングで高得点を取得しています。長文やリスニングなどに比べ、ライティングの得点が明らかに高いのです。3級では満点、準2級でもほぼ満点近くを取った子もいます。

では、みんなライティングが他分野に比べて得意かというと、決してそういうわけではありません。スペルミスは多いですし、文法の間違いはある、論理の飛躍、具体的でない説明を書く生徒さんがほとんど。日本語の作文でいえば、小学校低学年レベルです(失礼!)。それなのに高得点を取っています。合格して嬉しいとは思いつつも、なんだかおかしいなと思っていました。

ネットで調べてみたところ、採点基準が甘いのではないかという意見は他にもちょこちょこと見つかりました。そう感じているのは私だけではないようです。

CSEスコアの算出方法は本当に謎なところがあり、客観的なデータを示すことができないのですが、少なくとも、長文読解やリスニングの分野で求められるスキルの高さに比べると、ライティングに求められる力は確実に低いということが言えます。

ただ、気を付けるべき点は、文字数を守るということ。そして、問いにきちんと答えるということ。例えば、「英語は幼い頃から学ぶべきかどうか?」という出題では、子どもの頃から英語を学ぶべきか、それともある程度成長してからの方がいいのか、という視点で答えなければなりません。こういう問いに対してしばしば、「英語をなぜ学ぶべきなのか」という問いとして答えてしまう人がいます。出題者の意図を勘違いしないように気を付けましょう。

このように、問いにきちんと答えられていないと採点がゼロになってしまうので、注意する必要はありますが、そうでなければかなりの確率で高得点が取れるようです。

4.英語4技能化に伴って、相対的なレベルが下がっている?

リスニングやライティング、スピーキングが重視されるようになった結果、リーディングの配点は低くなりました。

それまではリーディングができることが一番大事とされていたのですが、その他のことも勉強しなければならなくなったので、リーディングに求められる力が相対的に低くなりました。

理想的には、従来の読解力を維持したままで、そこそこのライティング力とスピーキング力を身につけることですが、そうもいかないのが現実のようです。

このことは、英語教育に関して世論をほぼ二分化させています。

確かに、小学生(以下?)レベルのライティングとスピーキングしかできない上に、リーディングもままならないのであれば、すべての能力が低いということになってしまい、それならいっそ4技能化しないほうがマシなんじゃないのかという話になりますよね。

一方で、読むことだけはそこそこできたとしても、リスニングやスピーキングができなければ英語でコミュニケーションができないのだから、国際社会に後れを取ってしまうというのももっともな議論です。

2020年度の大学受験における英語の共通テストをめぐって、スピーキング能力を測るにあたり、英検を採択するかどうかなどで現在もめていますが、難しい問題ですね。。

これについてはいろいろと思うところがあるので、また意見を書きたいと思います。それではまた!