共通テストまであと1か月!この時期にやっておくべきこと

みなさん、こんにちは^^
なみのリズムのアサコです。

あっという間に2021年も終わりが近づき、2022年がやってきますね。そう、受験生にとっては、「次は難しくなるのでは?」と噂されている、共通テストも間近となりました。

今年は、大学受験を控えた生徒さんを5人ほど教えています。毎年この時期になると、思う通りに成績が伸びなくてあせり、「最後の砦」としてマンツーマンレッスンを選ぶ生徒さんが、ちらほらとやってきます。

それが受験まであと2か月という時だったりするのですが、それだけの短い時間でもなんとか成績を上げるのが、私のミッションです。塾のような集団指導では難しいですが、マンツーマンなら可能です(もちろん「本人が覚悟を決めて頑張れば」ですが!)。

塾にも通っている、学校でも真面目に授業を受けている。なのに、模試で成績が伸びない、このままでは志望校は危うい、どうしよう…!!!なんて、思っている人はいませんか?

そんな人に有益な情報です。どうやって短期間で成績を上げるのか?その秘訣を今回の記事でお伝えします。

この記事を読んで、ラストスパートをかけ、最後の最後で成績を上げちゃってくださいね!

1.高1のときに学んだことを復習しよう!

早速ですが、高1で学んだ文法はきちんと復習していますか?

成績が伸びないという人は、高1でやったことの復習をおざなりにして、模試ばかり解いている人が多いです。これが、実は大きな落とし穴。

「えっ、文法はずっと前に学習したよ。その時はできてたし、今更やる必要ないんじゃ?それに、共通テストは文法問題がないし。

なんて、思っている人は要注意ですね!

私は高校時代に大手予備校に通っていましたが、カリキュラムとして、高3の1学期が文法の復習、2学期は長文読解の演習がメインで割り当てられていました。学校の授業でも、共通テスト試験間近のこの時期に、文法を復習することはあまりないと思います。今更感があるからでしょうね。

でも、これが裏目に出ることもしばしば。

人間は忘れる生き物です。単語もですが、常に復習していないと、どんどん忘れていきます(英語がすごく得意な人は、別として)。

そう、今点数が伸びないのは、文法や構文を忘れているからかもしれません!こういう人、結構多いんですよー。

そこで、必勝パターンは、文法を復習しながら並行して模試の演習を行うこと。単語帳も、一度覚えたからといって、放置したらダメです。毎日毎日、しつこいほどやりましょう。

文法を復習したら、復習したことを意識して、長文を読みましょう。例えば、時制を学んだら、時制に気を付けながら英文を読むのです。仮定法を復習したのなら、仮定法が使われている所を探すように英文を読んでいきます。構文を探す練習をするのもいいですね。問題をただ解くだけではなくて、文法を習得するような形で英文を読む練習をすることが大事なんです。

このプロセスを経ることで、文法が「知識」ではなく、「能力」として身に付きます

(ちなみに、高校時代、文法が得意でテストで90点は取っていた私ですが、そんな私でも、社会人になってから、文法の復習はかなりやりました。忘れているものも結構ありましたし、本当の意味で理解しない項目も多かったからです。文法をなめてはいけません!!!!)

2.ミスをする、その原因を突き詰めろ

問題を解く、そして答え合わせをする。間違っていたら、解説を読んで理解する。

これが普通の学習のやり方ですが、そこで終わっていませんか?

本当に実力を伸ばしたいのなら、「なぜミスをしたのか」を徹底的に探ることが必要です。

例えば、「ケアレスミスじゃん、、、見直したらわかるから問題なし!
と、復習を適当に済ませる人は多いですが、それってもったいないです。

本当に実力のある人は、ケアレスミスも少ないものです。ケアレスミスをすること自体に、何か原因があるのです。もちろん、体調が悪いときは集中力が落ちますから、それが原因ということもありえます。しかし、体調万全でケアレスミスをしているとすれば、英語力に何か問題があると考えて間違いありません。

よくある例としては、受動態を能動態として読んでしまう、時制を現在と過去で取り違える、などですね。これはやはり、文法の力が不十分だからだと言えます。

間違えるのは、クセになっている場合が多いです。

あなたが間違えるパターンは何ですか?

英文を読む際、どんな癖があるでしょうか?

ノートに気づいたことを書き留めましょう。そして、そのノートに毎日目を通してください。それらを常に意識し、気を付けて英文を読む練習をしましょう。3週間あれば、新たな習慣は身に付くと言われています。その意味でも、1か月でできることはたくさんあります。

頭の良さよりも、「どう勉強するか?」が成績アップには関係していることが多いですよ。

みなさんの共通テストでの成功をお祈りしておりますね!

それでは、また(^^)