リスニング

英語リスニング力UPに必須の知識★音を認識する仕組みがわかれば効果的な学習法もわかる!

リスニングがなかなか伸びなくて、困っていませんか? そんな人は、「聞こえない原因」を知ることから始めるといいですよ。今回は、聴覚神経の仕組みを見て、英語が聞こえない原因に迫って見ます。そしてどうすれば英語が聞来とれるようになるのか?をお伝えします。

リスニング

英検のリスニングテストで大失敗!?やってはいけないこと

英検のリスニングテストで大失敗した!!という生徒さんがいました。筆記は結構できるのに、リスニングがどうにも苦手。それでも過去問を解けば半分くらいは解けていたので、筆記でカバーすれば合格できるだろう、と予想していました。それがふたを開けてみたら、なんと、リスニングで20%位の正答しか出せなかったのです。

リーディング

文法と読解が得意になるコツ☆

英語でつまずく人にはいくつかパターンがあります。〇日本語にとらわれる 〇自分で勝手に間違った解釈(読み)をしてしまう 〇文脈を無視している(機械的に訳すだけで意味を考えていない) 〇語順を無視して返り読みをしている などが主なパターンです。これらは無意識にやってしまうことなので、指摘したとしても、なかなか直らなかったりします。大事なことは、自分のクセに気がつくこと。そして常に修正をかけていくことです。では、具体的にどうしたらいいのか、一例として対策を書いていきます。

センター試験

大学受験英語を制するのは誰?勉強の考え方の違い

中学英語は得意だったのに、高校生になってから英語の成績がよくない・・・。
定期テストでは点が取れるのに、模試や実力テストになるとさっぱり・・・。
こういう人はとっても多いです。
一方で、中学英語も得意だったし、高校英語もバッチリ!な人や、定期テストでも模試でも実力テストでも成績がいい。
そういう人も結構いるんですよね。この分かれ目はどこにあるのでしょう?
それは、勉強の仕方についての考え方の違いにあるんです!
その違いとは何なのでしょうか?

文法

文法をモノにしたいなら、まずは時制をきわめよう☆

なみのリズムでは、リズムを手がかりとしてリスニングを学び、英語を聞き取れるようになることを重視しています。その次に大事になるのはやはり文法です。文法がわからないと、英文を推測するしかない。そうすると、相手の言っていることや英文の内容を誤解することになってしまいます。では、効率的に文法を勉強するにはどうしたらいいのか?私はその方法は2つあると考えています。ひとつは英語の語順をマスターすること。もうひとつは、時制をマスターすることです。今回は時制についてのお話です。