リスニング

リスニング力UPを阻害する精神的要因とは?

英語の音を聞き取る能力自体は、英語ができる・できないとはあまり関係ないところにあると思います。「できるできない」は、メンタル的な要素と物事の認識の仕方のクセが大きく影響していると思います。今回は、リスニングが全くできなくて悩んでいた時代のことと、リスニング力を阻害していると思われる、メンタル的な要因についてです。

単語・熟語

日本語にもある!英単語の覚え方の共通点^^

みんなが苦しんでいる英単語の効率的な覚え方です。「多義語」、例えば、”term”には「専門用語」「期間」「間柄」とたくさん意味があります。それぞれ覚えるのではなく「単語のコアイメージ」をとらえれば覚えやすい。“term”であれば、「ある領域・区切り」です。これと同じような仕組みは実は日本語にもあるんです!

学習方法

英語の勉強が「ストレス目標」になっていませんか?

勉強しているのに、英語が伸びる人も伸びない人がいます。頭のいいのにテストを受けるとなぜかいい点数が出ない、とか、それほど勉強をしているわけでもないのになぜか試験に合格してしまう。この違いは何なのでしょう?結論は、英語の学習目標が「ストレス目標」になっていると、何かとうまくいかない、です。詳しく見ていきましょう。

リスニング

リスニング!教材だったら聞けるのに映画になると聞けないのはなぜ?①

英会話をマスターするには、海外ドラマや映画などで学習するのが一番。実際、こうした素材を使った勉強法がいろんなところで解説されていますよね。しかし、実際にやってみると、英語があまりにも聞き取れない。結局挫折してしまったという人も多いのではないでしょうか?挫折しないためには、映画だとなぜ聞き取りにくいのか、その理由を押さえておくことが重要です。そこで、この記事では、聞き取りの障害となる発音変化について説明します。

リスニング

英語リスニングが上達しない原因とその対処法

英語がなかなか聞き取れず、苦労している人は多いのではないでしょうか。学校教育でもリスニングが重視されるようになり、仕事で英会話が必要な人も増えていると思います。趣味で海外ドラマを字幕なしで見てみたいという人にとっても、リスニングは重要ですよね。でも、ずっと勉強を続けているのに、なかなか聞き取れるようにならない…。リスニングって難しい!そんな声をよく聞きます。かくいう私も、数年前までは英語が全然聞き取れませんでした。けれど、試行錯誤して聞き取れない原因を突き止めた結果、リスニングに自信が持てるようになりました。英語を聞くのが今ではとても楽しいです^^この記事では、リスニングができない原因とその対処法について説明しています。特に、他記事で書いてきたことをまとめ、これさえ読めば何をすればいいかがわかるように書きました。ぜひ参考にしてください。