自分の実力に合った学習方法をしよう☆

こんにちは!

越境力を身に付ける!英語学習コンサルタントの上條麻子です。

今日は、英語学習には順番が大事だよ、ということを体験談を踏まえてお伝えしたいと思います。

 

私の苦い思い出です。TOEICテストのリスニングができなくて落ち込み、帰りに本屋さんに立ち寄ったときのこと。オビに「英語学習。何をやってもダメだったあなたへ!」と書いてある英語の速聴リスニング教材がありました。このフレーズに「ぐっ」ときてしまい、

 

「速聴か~。確かに英語って速くて聞けないのよね。そうか。その速さに慣れたら聞けるようになるのね!」

 

なんて単純な論理に納得し、淡い期待を抱き、教材を速攻で買いました。「速聴」の練習というのは、英語を通常の2倍速から4倍速の速さで聞く練習をし、そのあと通常の速度に戻すというもの。そうすることで、通常速く感じる英語がゆっくりに聞こえるようになり、結果としてリスニング力が上がるというものです。

 

期待を抱き、最初から最後まで一通り練習しました。しかし、結果はどうもイマイチでした。

 

今から振り返れば、当時の私に速聴が役に立たなかったのは当然です。理由は単純。私がリスニングができなかった原因は、スピードではなかったからです。私のリスニング力がダメダメだったのは、音そのものを聞き取ることができなかったからでした。聞こえないものは、速いスピードで聞こうが、遅いスピードで聞こうが、聞こえません。だから、私には効果がなかったんです。

 

英語には、日本語にない音がたくさんあります。その上、音の変化が多い言語です。その音の変化がどのように起きるのかを知ることこそが、私が最初にやるべきことでした。個々の音を聞けるようになり、英語のリズムと音の変化を理解した後で速聴を学習すれば、ものすごく効果は出たはずなんです。

 

そう、私は学習方法の順番を間違えたのでした。速聴は優れた方法ではあります。でも、そのときの私には適切ではなかったのですね。

 

覚えておいてください。教材と学習方法選びは慎重に!学習にはするべき順番があります。その順番を間違えると、遠回りになってしまいます。気を付けましょう!

 

コメント

コメントを残す



(このメールアドレスは表示されません。)


Captcha認証コード

Captchaをクリックすると違う文字候補が出てきます。


投稿者

シェア: