知っていると得!英語の強弱のリズムのつけ方

こんにちは笑顔リズムで英語をマスターする!
なみのリズムのアサコです。

相手に通じるきれいな英語を話すことと、相手の話す英語をスムーズに理解することは、英語学習者にとっては誰にとっても目標であり、あこがれですよね。

実はそのカギは、リズムを習得することにあるというのはご存知ですか?

英語の強弱のリズムというのは、日本語にはない要素です。しかも、学校ではあまり習うことがありません。なので、多くの英語学習者が苦手とするところであり、また、リズムを学ぶことの重要性そのものに、気づいていない人が多いのです。

その意味で、英語のリズムの仕組みは、英語を学ぶ人には絶対に知っておいてほしい項目です。

そんなわけで今日は、とっても大事な英語の強弱のリズムのつけ方について学んでいきましょう。

 

強弱のリズムとは?

さて、リズムを意識して、次の英文を聞いてみてください。

I went to town to buy a coat today.

音声を聞く 

 

 

 

 

強弱のリズムが交互に現れていることには気が付きましたか?

印をつけると、こんな具合になります。

I went to town to buy a coat today.
・ ●  ・   ●   ・ ●  ・ ●  ・ ●

・→弱   ●→強

この英文では、見事に、強弱が1単語ごとに交互に現れていますね。

全ての英文が、このような形で交互に現れるというわけではありません。けれどもおおむね、強が来たら次は弱、弱が続いたら次は強、というふうに、英語では必ず、あるサイクルを持って強弱が繰り返されます。これが英語のリズムの特徴です。

ちなみに、日本語は「強」だけのリズムでできているので、日本人は英語の「弱」のリズムの部分の音が聞き取れないことがとっても多いんですよ。

toとかaとか、聞き取れないことが多いでしょう?でも、このあたりの音に耳を済ませられるようになると、リスニングがとっても楽になるんです。

どうやったら聞き取れるようになるかについては、この記事の後半でお伝えしますね。

 

では次に、強を作る要素と弱をつくる要素を見ていきましょう。

 

「強」リズムはアクセント!

みなさんはアクセントの存在を知っていますよね。

中学校の英語の定期テストで、単語のアクセントの位置などを聞かれたはずだと思います。

例えば、won-der-fulは、どこにアクセントがあるでしょうか?

 

 

 

 

 

 

答えは、最初のwonの部分ですよね。

このアクセントの部分が、英語の強弱リズムの「強」の部分の拍になるのです。

はい、当たり前のこと言ってますね^^;

さて、問題は弱のリズムの方なんです。

アクセントはみんな意識するけれど、「弱く読む」なんて考えたこともないという人は、結構いるんじゃないでしょうか??

でも、ここが英語リスニングのツボなんですよ!
 

「弱」リズムはあいまい母音に変化!


アクセント(強のリズム)のつく場所以外、つまり、弱リズムの部分は、「大体」あいまい母音に変化します


あいまい母音とは、弱く読んだ母音のことを指します。

(あいまい母音についてもっと知りたい方はこちらを見てね)

さっき、日本人は「弱」のリズムが聞き取れないと言いました。逆に言えば、このあいまい母音を攻略できれば、音が聞き取れるようになるんです。


というのも、このあいまい母音の変化のせいで、同じ単語なのに発音が変わっちゃうからです

 

同じ単語なのに、まったく発音が変わってしまう!!


次の英文を見てください。

If asked to, I will take it down.

下線部の"to"にはアクセントがつきます。

なので、この英文のtoは、みなさんが知っている通りの発音、つまり「トゥ」と読みます。


しかし!!!

先ほどの例文をもう一度見てください。

I went to town to buy a coat today.

この例文の中で読んだ場合、下線部のtoにはアクセントがつかないのでした。

したがって、この"to"の"o"はあいまい母音化し、弱い発音になります。

この場合の"to"は、カタカナで書くと、「トゥ」ではなく、あいまいな音→「タ」に近い発音になります。

もしくは発音されず、tがとれて、"went to"が「ウェナ」という発音になったりします。

 

ここからわかるのは、英語は強弱のリズムによって、発音が変化するということです。

ほとんどの人は、この発音の変化のルールを知らないために、弱リズムの部分の英語を聞き取ることができません
 

 

強弱はどうやって見分けるの?

ということは、強弱のリズムを把握できなければ、発音の変化も見逃してしまうことになります。

そこで、強の部分と弱の部分、強弱はどうやって見分けるのか、ということに疑問がわいてくると思います。


基本的な大原則は、大事な部分を強く読んで、特に大事ではない部分は弱く読むということです。

例えば、同じNice to meet you.という英文でも、meetを強く発音する場合もあれば、youを強く発音する場合もあります。youを強く発音すると、Nice to meet youと言われたお返しの言葉として、「こちらこそ」というようなニュアンスが出ます。

このように、伝えたいことによっても強く発音する部分は変わります。

ただ、一般的に、名詞は強く読む傾向にあって、助動詞や前置詞、代名詞や現在完了のhaveなどは弱く読む傾向にあります。

リスニングをするときによく耳を澄ませ、どの語が強く読まれていて、どの語が弱く読まれているかを把握するようにしましょう。

 

 

さて、もどかしいのが、この強弱リズムのルールについて、きちんと学べる教材が市場にほとんどない、ということなんです。

英語をマスターした人はみんな、「よく耳を澄まして、英語のリズムに慣れろ!」というんですが、いくら聞いても慣れない…という人も結構いるはず…!

私もそんな1人でした。

「同じような悩みを抱えている人がいるにちがいない!」と思いまして、この強弱のリズムを習得するためのテキストをつくりました。

それが、「なみのリズム英語~リズム音読でリスニング・トレーニング」です。

英語のリズムについて、もっと詳しく知りたい方や練習して実力をつけたい人は、ぜひ取り組んでみてくださいね。

「教材の購入はちょっと…」という方は、下記から無料レポートをご覧ください。このリズムを攻略するための更に詳しい方法を紹介しています。無料で、自力で学習もできますよ!

ぜひ役立ててくださいね。

無料レポート「あなたの英語が変わる!リズムで学ぶリスニング&スピーキング」を読む

 

全般的なリスニング学習の方法について知りたい方は、こちらの記事をどうぞ^^

これさえおさえれば完璧!リスニング学習の全体像

 

オススメ関連記事

英語のリズムや発音について、もっと知りたい人はこちらの記事をどうぞ

英語が通じないのは発音が悪いから?発音改善のコツは?
リスニングの悩みを解決!リズム音読とは?
英語の発音 わかりやすいあいまい母音の見分け方!
英語が聞き取れない原因はこれを知らないからだと思うよ!→英語発音変化のルール
英語発音変化のルール~あいまい母音は脱落する!

 

無料講座・無料レポート

無料レポート「英語が聞き取れるようになる方法」
無料レポート「あなたの英語が変わる!リズムで学ぶリスニング&スピーキング」
無料講座「もう英語が聞き取れないなんて言わせない!①」

 

オススメ教材

なみのリズム英語~リズム音読でリスニング・トレーニング

 

 

コメント

コメントを残す



(このメールアドレスは表示されません。)


Captcha認証コード

Captchaをクリックすると違う文字候補が出てきます。


投稿者

シェア: