3秒後に新サイトにリダイレクトします。

画面が切り替わらないときは以下をクリックして下さい。

>>新サイトに飛ぶ

 

なみのリズムのアサコです。

この記事では、ディクテーションのやり方と効果、そしてその落とし穴についてお伝えしていきます。

一般に、「ディクテーションはリスニング学習に効果的」と言われています。それはある程度は事実です。でも個人的に私がお伝えしたいのは、ディクテーションだけではリスニング力は伸びないことも結構あるということ。

スポーツと同じように考えてください。腹筋ばかり鍛えていても、スポーツはできるようにならないですよね。様々なメニューを効果的に組むことで、実力は伸びていくものです。英語も同じで、ひとつの練習ばかりをやると逆効果になることもあります

ディクテーションのワナについて詳しくは、記事の最後の方で書きますね。

もちろん、うまく使えばディクテーションはリスニング学習のいいツールになってくれます。

ディクテーションのメリットとデメリット。この記事では、これらについてお伝えしていきます。

 

--------------------------------------------------------------

目次

1. ディクテーションが効果的と言われている理由
2. ディクテーションをやることのメリット・効果
3. ディクテーションのタイプ
4. 効果的なディクテーションのやり方
4-1. やさしい素材を選ぼう
4-2. 自分にとってやりやすいタイプを選ぼう
4-3. 実際の練習の仕方
5.ディクテーションばかりをやるのはNG!
5-1. ディクテーションのデメリット
5-2. ディクテーションの伸び悩みを解決するカギは?
6. 様々な学習法を組み合わせ、リスニング学習をより効果的にしよう!
まとめ


--------------------------------------------------------------

 

1. ディクテーションが効果的と言われている理由

「英語を聞き続ける」というのは、それだけでも大変な作業ですよね。

リスニングを勉強しようと思っても、何を言っているかわからないと眠くなってしまうもの。聞いているつもりでも、単なる雑音にしか聞こえなかったり。「一生懸命英語を聞こう!」とは思ったものの、つい集中力が切れてしまい、気が付けば全く聞いていない…なんて状況ありませんか?

こうした状況を避けるのに効果的なのがディクテーションです。ディクテーションとは、聞こえてきた英語を一語一語書き取っていくという練習方法のことを言います。

集中していなければ、聞こえた英語を書き取ることはできません。その意味で、ディクテーションを取り入れることで、効果の高いリスニング練習をすることができるのです。

ちなみに、「聞いているだけで英語が聞けるようになる」という宣伝がありますが、そんなのはありえません^^;ものすごく素質があって、そういうことができちゃう人がたまーにいるのかもしれませんが…。少なくとも、多くの人に当てはまる事実ではないでしょう。英語を聞き流しているだけではリスニング能力は上がりにくいと考えてください。

実際、多くの高校では今、リスニング対策としてディクテーションが多く取り入れられています。「聞き流しでは効果が薄い」ということを実感しているからでしょう。定期テストでディクテーションが採用されているところもあります。有名な先生がこの方法を提唱していることが大きな原因になっていると思われるのですが、それもあって、ディクテーションは今のところ、リスニング学習の王道としての地位を占めていると言えます。

 

2. ディクテーションをやることのメリット・効果

では、ディクテーションをやると、何がいいのでしょうか。

ひとつめのメリットとして、自分の実力が把握できるということにあります。

英語を聞いていて、「ふんふん、わかったぞ」となんとなく英語を理解した気になることがあります。でも、実は内容を勘違いしてるとか、ある単語を別の単語に聞き間違えているとか、そういうことが結構あるのです。英語を書き取ることで、そういう「わかったつもり」を避けることができます。書き取ることに、ごまかしはききません。どれだけ聞き取れたのかがリアルにハッキリとわかるからです。

ふたつめのメリットは、自分の弱点を分析できるということ。

例えば、自分の苦手な発音を把握することができます。私の場合、thやlの発音の聞き取りが弱いということが浮彫りになりました。そこで、これらの発音を集中練習することで、聞き取りを強化することができたわけです。

また、発音を勘違いして覚えている単語というのはよくあるものです。ディクテーションをすることで、その修正をすることもできます。例えば、私はepisodeをカタカナ英語で「エピソード」と読むと思い込んでいました。でも実際は、「アパソード」に発音が近いわけですよ。これも、ディクテーションをすることで、修正することができました。

こんな風に、実際に英語を書き取ってみると、意外なところに自分の弱点があることがわかります。みなさんも、自分の実力を把握し、弱点を分析する意味で、ぜひ一度ディクテーションをやってみるといいでしょう。

でも、くれぐれもやりすぎないでくださいね。

 

3. ディクテーションのタイプ

では次に、ディクテーションのタイプについて説明していきます。

ディクテーションのタイプには2つあります。ひとつめは、英文の一部だけを書き取る、穴埋めタイプのディクテーションと、英文1文1文をゼロからすべて書き取っていくスタイルがあります。

----------------------------------------------------------------

例:穴埋めタイプ
Let's see (            ) they have in the (            ).


例:ゼロから書き取るタイプ
                                .
答え→Let's see what they have in the menu.

----------------------------------------------------------------

見ての通り、穴埋めタイプの方が簡単です。

ゼロから書き取るのはまだ難しいなと思ったら、穴埋めタイプのディクテーションから始めるようにしましょう。

聞いた英文を、ある程度覚えることができるようになってきたら、ゼロから書き取るタイプに挑戦してみましょう。

 

4. 効果的なディクテーションのやり方

4-1. やさしい素材を選ぼう

ディクテーションの素材としては、やさしいものを選ぶのがオススメです。英文を目で読んだら簡単に理解できるものであることはもちろん、特に初心者は、はっきり・丁寧に、そしてゆっくりめのスピードで発話されているものを選ぶようにしてください。

よく、英語の達人の方が映画やドラマなどを何本もディクテーションすることで英語力をモノにした、というエピソードを見かけます。しかし、初心者や中級者の人は真似しない方がいい、というのが私の意見です。耳によほど自信があるなら別ですが。たいていの場合、文法力や語彙力、そして発音の変化についての知識がない段階でこれを行っても、聞き取れないところだらけで挫折してしまうと思います。

時々、こうした知識がなくても音だけで表現を覚えてしまうような人もいますが、そういう人は少数派ではないでしょうか?耳に自信がない場合は、まずはきれいな発話の英語を聞き取れるようになってから、カジュアルな発音に慣れていくという方法が、私個人の経験から言うとオススメです。

4-2. 自分にとってやりやすいタイプを選ぼう

先ほども書きましたが、ゼロから書き取るタイプのディクテーションを行うのには、とても時間がかかるので大変です。リスニングに慣れていない人だと、短い練習を行っても30分から1時間くらいはかかってしまいます。ですので、初心者の方は、穴埋めタイプの問題集をこなすといいでしょう。

穴埋めでディクテーション練習ができる素材としては、高校入試レベルの英文を扱った「ハイパー英語教室 中学英語長文2」http://www.amazon.co.jp/dp/4342000741/や、高校英語の文法を一緒に覚えられる「総合英語Forest音でトレーニング」http://www.amazon.co.jp/dp/4342010372/などがあります。自分のレベルに合わせて適切なテキストを選びましょう。

英文をゼロから書き取っていく練習をするなら、中学の教科書を読み上げた音声を使うといいでしょう。また、NHKラジオ講座のEnjoySimpleEnglishhttp://www.amazon.co.jp/dp/4142131664/はやさしい英語ですし、かなりはっきり発話されているので、ディクテーション練習がしやすいと思います。

「これらの素材ではやさしくて物足りない」ということであれば、TOEICBridgeやTOEICのリスニングパートを使って練習するといいでしょう。短ければ10秒くらいですし、まとまった会話であっても30秒くらいの長さです。

ただ、TOEICはナチュラルスピードで話されていますので、リエゾンなど発音の変化が多くあります。このレベルになると、発音の変化についての知識がない状態でディクテーション練習するのはかなりきつくなってきます

「スクリプトを見れば英文は理解できるのに、聞き取れない音が多い」という状態になったら、ディクテーション練習はいったんやめ、発音の変化を先に学ぶようにしましょう

発音の変化について知りたい方は、以下の記事を読んでみてください。

英語が聞き取れない原因はこれを知らないからだと思うよ!英語発音変化のルール

 

4-3. 実際の練習の仕方

実際の練習の仕方は、以下の通りです。

1.音声を3~5回聞いて書き取る
2.スクリプトを見て書き取れなかったところを確認
3.なぜ聞き取れなかったのかを分析する
4.聞き取れなかった部分は発音を丸ごと覚える
5.3で発覚した弱点を補強する学習を普段から行う
6.数日たったら再度復習を行う

音声を何回か繰り返し聞き、英文もしくは単語を書き取ります。最低3回から5回は聞きましょう。なるべくスクリプトに頼らないことが大事です。、「もうこれ以上聞き取れない!」というところまで来たら、スクリプトを見て英文を確認しましょう。

次に、なぜ聞き取れなかったのかを分析してみてください。知っている単語だけれど、スピードが速くて発音が変化していたから、単語や表現を知らないから、自分が思っていた発音と実際の発音がちがった…、など、いろんなことが見えてくると思います。それが自分の弱点になります。見つけた弱点はノートに書きとめておき、それを普段の勉強に生かすようにしましょう。

例えば、callが聞き取れなかったとしますね。「コール」だと思っていたけど、実はalが「オー」の発音になっていた上、lが「ル」ではなく、実際は「ウ」に聞こえる結果、「コール」ではなく、「カーゥ」と聞こえた、ということがわかったとします。とすると、callは実は「コール」ではなくて、「カーウ」に近い音になることがあるということや、lの音の聞き取りに弱点があるということがわかります。

表現や単語を知らないために聞き取れなかったのであれば、意味を調べて、発音と合わせて丸ごと覚えるようにしましょう。

弱点がわかったら、その部分を何回も聞き、その音をフレーズとしてそのまま覚えてしまいましょう。そして聞き取れなかった音をできるだけ忠実に真似て、発話練習をするようにしましょう。

復習するのも忘れないようにしてください。一度聞こえたと思っても、時間が経ったらまた聞こえなくなっていた、ということはよくあるものです。1日経ってからまた同じ素材で書き取り練習をしてみましょう。答えは覚えているかもしれませんが、耳で聞いてちゃんと聞こえるようになっている、と感じれば、練習は完了です。

 

5.ディクテーションばかりをやるのはNG!

 

 

ディクテーションは、自分が音を聞き失うポイントがある程度わかるまで行うのがポイントです。

ある程度わかったら、ディクテーション練習はそこでとりあえず終えてください。繰り返しますが、ディクテーションだけではリスニングはできるようにはなるとは限りません。

ディクテーションは、決して万能の方法ではありません。これさえやっていればリスニング力が上がるというものではないのです。

最初にも述べましたが、腹筋だけ鍛えていたって、スポーツはうまくなりませんよね。何のスポーツをするか、自分の弱点は何かによって、トレーニングメニューは随時変えていくものです。そうすることで、スポーツは上手になっていくもの。英語だって同じなのです。

 

5-1. ディクテーションのデメリット

ディクテーションにはデメリットもあります。それはやりすぎると、「一語一語聞き取ろう」という意識を強めてしまうというところにあります。結果、リスニングが伸び悩んでしまうことがあるのです

みなさんは、「リエゾン」を知っていますか。"Check it out!"は「チェック・イット・アウト」ではなく、「チェキラ」と読まれますよね。このように、単語と単語がつながることをリエゾンと言います。しかし、英語においてリエゾンは特別な現象ではありません(ネイティブにとってあまりにも当たり前なので、アメリカ人の英語の先生の中には、リエゾンを意識していない人もいるくらいなのです!)。英語というのは、単語ごとに区切らず、単語と単語をつなげるように読むのが普通です。

ディクテーションをやりすぎると、「ひとつひとつの英単語を書き取ろう」と頑張ってしまうあまりに、このリエゾンに意識がいきにくくなるのです。

ディクテーションを一度でもやったことのある人は、覚えがあるはずです。inやatなどの前置詞が聞き取れないとか、aやtheが聞き取れないとか。リエゾンを丸ごと聞き落とすとか。「弱く発音される単語を、どうしたら聞き取れるようになるのか」って思ったことありませんか?

これはまさに、「一語一語書き取らなければならない」というワナにはまっているのです。私はひそかにこれを「ディクテーションの呪縛」と呼んでおります^^;

 

5-2. ディクテーションの伸び悩みを解決するカギは?

リスニングのコツは、リズムを意識して英語を聞くというところにあります。

このことは、リスニングが苦手な多くの人にはピンと来ないかもしれません。学校の英語の先生も、ほとんどの人が教えてくれないことですからね。かくいう私もそうでした。一生懸命、ディクテーションばかりやって、ディクテーションの呪縛にかかっていました。

単語を聞き取ろうと力んでいると、英語のリズムに耳を傾けることができなくなってしまうんです。その結果としてリエゾンに意識が向かなくなってしまうのです。

発音は変化します。たとえば、somethingは、カジュアルに発話された場合、「サムシング」ではなく、「サムth」としか発音されない場合もよくあります。somethingは「サムシングだ!」と思っていると、いつまで経ってもこのような発音の変化に対応できないことになってしまいます。

もちろん、そこで「サムシング」って言ってないな…「サムth」としか言ってない!と気づければいいのですが、思い込みとはやっかいなもので、ここで気づくというのが意外と難しいことが多いのです。

リズム学習を行えば、そうした思い込みから逃れることができます。

なみのリズム英語~リズム音読で英語リスニング・トレーニング

 

6. 様々な学習法を組み合わせ、リスニング学習をより効果的にしよう!

ということで、ディクテーションだけをリスニング学習の方法にすることは、私はオススメしていません。

私自身、ディクテーションばかりをやっていた頃は、逆にリスニング力が伸びませんでした。ディクテーションをやめて別の練習をするようにしたところ、結果としてディクテーションが楽にできるようになったのです。

以前は書き取るのに30分かかっていた音声が、今では10分足らずで書き取ることができるようになりました。TOEICリスニング程度の難易度の音声であれば、90%くらいの正答率で書き取ることができます。

ポイントは、ひとつだけの学習法にこだわらないことです。その方法が効果的な人もいるのかもしれませんが、そうでない人も多いのではないでしょうか?自分の状況に合わせて、リズム学習、発音、フォニックスなど、様々な学習法を組み合わせましょう。

そうすることで、より効果的に実力を上げることができます。

もちろん、ディクテーションは、自分の弱点を知るには確実にいい方法です。ですから、学習の補助として行うのにはオススメです。発音の変化や英語の強弱リズムを学んだあとで、もう一度ディクテーションをやってみましょう。今までより、聞き取れるようになっているはずですよ。

 

 

まとめ

・ディクテーションのメリットは、自分の実力と弱点を把握できること
・ディクテーションをやるならやさしい素材を選ぼう
・ディクテーションばかりやってもリスニング力は上がるとは限らない
・聞き取り能力を上げるためには、発音の変化のルールを知ることが大事
・リズム音読がディクテーションの伸び悩みを解決するカギになる
・ディクテーションだけでなく、さまざまな学習法を組み合わせてリスニング力をUPさせよう

 

全般的なリスニング学習についてもっと知りたい方は、こちらの記事をどうぞ^^

これさえおさえれば完璧!リスニング学習の全体像

 

オススメ関連記事

学校では習わないけど本当は重要なんだよー!英語の強弱のリズムのつけ方
英語の発音 わかりやすいあいまい母音の見分け方!
英語が聞き取れない原因はこれを知らないからだと思うよ!→英語発音変化のルール
英語発音変化のルール~あいまい母音は脱落する!

 

無料講座・無料レポート

無料レポート「英語が聞き取れるようになる方法」
無料講座「もう英語が聞き取れないなんて言わせない!①」

 

オススメ教材

なみのリズム英語~リズム音読でリスニング・トレーニング

 

 

 

コメント

コメントを残す



(このメールアドレスは表示されません。)


Captcha認証コード

Captchaをクリックすると違う文字候補が出てきます。