TOEIC600-800点くらいでスコアが伸び悩んでいる人は

こんにちは、なみのリズムのアサコです。

今日は、TOEICの点数が伸び悩んでいる人に向けての記事を書きたいと思います。

TOEIC600から800点というと、英語学習者全体の中では点数の高い方ですし、これまでそれなりに英語を勉強してきたという自負もある人が多いはず。

それでも、自分の英語力にイマイチ自信を持てなかったり、リスニングでもリーディングでも、問題を解ける程度には内容理解できるんだけど、明瞭にわかるわけでもない。自分の英語力に、どこかモヤモヤしている。そんな状況ではないでしょうか。私自身振り返ってみると、英語力で一番悩んでいた時というのが、これくらいのスコアの時でした。

TOEICスコアには2年縛りがあるので、今「何点取得してます!」と大きな声では言えないんですが、数年前に受けたときには940点ほどでした。今、公式問題集を解くと、200問中5から6問くらいは間違えてしまいます。ですので、「今の実力としては、満点までは取れないかな…」というところです。

参考までに、TOEIC800点位だった頃と今の英語力を比べてみると、次のような感じになります。

今:さっとラクに英語が聞けて読める
昔:「さあ、問題を解こう!」という気合が必要

今:聞こえてきた英語がはっきりとわかるし、内容を覚えていられる
昔:問題は何となく解けるけど、話の内容はあまりよく覚えていない

今:英文を読むと、なじみのある表現がいっぱいある
昔:英文の内容は理解できるけど、フレーズや表現は知らないものも多い

今:「TOEICの英文って面白くないよな…」
昔:問題を解くので精いっぱいで、内容まで頭がまわらない

次に、どこまで勉強すれば一定のスコアを達成できるのか、独断と偏見で述べてみます。

TOEIC600点
文法をやりこみ、必要な語彙を覚え、ある程度英文を読んで聞く練習をすれば到達できるレベル

TOEIC700点
問題をやりこみ、問題を解くのが得意になると到達できるレベル
もしくは、それなりの素質がある人が、海外で1年位生活すると自然と到達できるレベル

TOEIC800点
仕事や生活、もしくは自主学習で、普段から英語をそれなりに使う人がある時点で到達できるレベル

TOEIC900点
英語を普段から「読んだり聞いたり話したり書いたり」の量が、ある閾値に達すると到達できるレベル

私の独断的な感覚からすると、600点までは、文法・語彙学習などの典型的なカリキュラムで、ある程度行けるんです。それ以降は、「普段からどれだけ英語に触れているか」がかなりモノを言うと感じております。

ちなみにTOEIC900点以上はピンキリの世界になり、まるでネイティブのような人もいれば、そこまではいけていない人(私含めて)、いろいろです。同じ英検1級持っていても、私から見れば通訳・翻訳者さんはすごい存在ですし。

本題に戻りますと、TOEIC600点以上あってスコアが伸び悩んでいるという人は、「英語に触れる量をとにかく増やす」ことをおすすめします。

例としては、

TOEICとは関係なさそうな分野の英語も勉強してみる
自分が好きな話題を英語で極めてみる
英語を人に教えてみる
英会話の練習をしてみる

などなど。基礎(文法・語彙・構文など)さえしっかりできていれば、英語に触れる量が増えるだけで、スコアは勝手に伸びていきます

スコアが伸び悩んでいる場合は、実は基礎が欠けているか、それとも英語に触れる絶対量が足りていないかのどちらかです。スコア600点くらいあっても、文法の知識があいまいな場合が結構多いので、一度 基本に戻ってみるといいかもしれません。

英語の「基本」とはどういうことか、知りたい方はこちらの書籍をどうぞ。

なみのリズム / 「壁」を破るためのイメージ英語学習ガイドブック PC版・スマホ版セット (naminorism.com)

お役に立てれば幸いです。それではまた^^