単語・熟語の覚え方―基本編―

なみのリズムのアサコです。

英語を学習するとき、暗記はかかせませんよね。
特に、単語と熟語の暗記で苦労しているという人は多いのではないでしょうか。

単語を一生懸命覚えているが、進歩した気がしない、
すぐに忘れてしまう、英文がなかなか読めるようにならない、という人は、
やり方が間違っているか、肝心な練習法がいるのかもしれません。

今日は、単語・熟語の覚え方について、基本的な部分をお伝えます。
学習がうまくいってないという人は、自分のやり方と比べてみてください。

やり方を簡単にまとめると、以下のとおりになります。

  • ステップ1:自分に合った単語帳・熟語帳を選ぶ
  • ステップ2:短い時間で覚え、何回も繰り返す
  • ステップ3:実践する中で覚えていく

それでは、それぞれ具体的に説明していきます。

ステップ1:自分に合った単語帳・熟語帳を選ぶ

まず、単語帳・熟語帳が自分に合っているかどうかを確認してください。

単語帳というのは、多かれ少なかれ、編者の個性やこだわりが表れます。その個性が学習者に合っていればよいのですが、そうでもない場合もあります。

たとえば、単語の語源について詳しい説明のついた単語帳があります(竹岡先生の「ドラゴンイングリッシュ」がそうです)。この単語帳は、単語の意味をもっと深く知りたいと思っている人には有益になるのですが、そうでない人にとっては、辞書のように情報量が多いので、覚えるのが苦痛になりえます。英語が苦手に感じている人は、手に取らないほうがよいでしょう。

また、別記事にも書きましたが、「TOEIC出る順で学ぶボキャブラリー」は単語ひとつにつき、意味をひとつだけ載せている単語帳です。こうした単語帳は、TOEICを初めて受験するような初心者にはよいのですが、TOEICである程度高得点を取りたい人にとっては、逆に遠回りになりえます。単語には通常複数の意味があるので、ほかの意味で出てきたときに英文がかえって読めなくなってしまうことがあるからです。

DUO3.0」は、ひとつの例文の中に重要な単語と熟語が含まれているというのが売りの単語帳です。暗記することができれば確実に力になりますが、逆に英文が長すぎて覚えるのがつらいという声も聞きます。それが苦にならない人にとってはいい教材に違いないのですが、そうでない場合は学習が進まなくなってしまうでしょう。

なんにでも言えることですが、メリットはデメリットにもなりえるので、そのあたりを見極めることが大事です。

また、レイアウト・見やすさも重要ですし、説明がわかりやすいか、例文の英文は読みやすいか、単語のレベルが自分に合っているかどうかなども確認するようにしましょう。

以下にチェックリストを作ったので、活用してみてください。

□単語・熟語のレベルは自分に合っているか?
□自分が受験する試験形式・もしくは学習用途に合っているか?
□レイアウトは見やすいか?
□発音記号・単語の読み方がきちんと表記されているか?
□例文は載っているか?
□単語の意味などの情報量は適切か?
□説明はわかりやすいか?
□掲載されている例文はわかりやすいか?
□英文の暗記を目的に入れる場合、英文は覚えやすいか?

こうしたことを確認するには、なるべく本屋さんで手にとって実際に中を見てから決めると失敗が少ないと思います。
ちなみに、私がオススメするのは「システム英単語」です。この単語帳のよいところは、単語だけでなく、その単語と一緒によく使われる前置詞も一緒に例文で暗記できるようになっているところです。アクセントや発音で注意すべき点がわかりやすく表示されているのも好感が持てますし、また、例文がとても短く、覚えるのに負担が少ないのも大きなポイント。よかったら、見てみてくださいね。

ステップ2:短い時間で覚え、何回も繰り返す

自分に合った単語帳を見つけたら、一週間にいくつ覚えるか目標を決め、コツコツ学習を継続していきましょう。以下に目安をあげておきますので参考にしてください。

★覚える量の目安

ゆっくりめに覚えたい→20~50個
がっつり覚えたい→100個

試験までまだ時間があるのでゆっくり覚えていきたいという人は1週間に20~50個、試験まであまり時間がないのでがんばる必要があるという場合は100個を目安にしましょう。

★覚え方

覚え方のコツは、短い時間で集中して、何度も単語に目を通すことです。長い時間単語をながめていると飽きてきて、集中力が続かず、効率が悪くなります。その意味では、5分、10分、ちょっとした空き時間に単語アプリを使って、短い時間でパッパッとゲームのように覚えていくのも効果的だと思います。

アプリを使って勉強中

単語・熟語は出会う回数が大事で、覚えるためには数十回目を通すことが必要です。なので、一週間の中で覚えたい単語を数十回は目を通せるように、スケジュールを立てるようにしてください。

★見るだけではなく、書いて覚える

単語をなんとなく眺めるだけで覚えようとする人は多いのですが、なるべく手で書いて覚えるようにしましょう。

眺めるだと、似たような単語に惑わされてしまいます。たとえば、contribute, distribute attributeなど、語尾が同じ単語は多いもの。眺める暗記だと、似た別の単語に読み間違えてしまうことが多くなります。

でも、書く練習をすればスペルを意識することができます。なるべく楽して暗記したいと思うのは人間の性ですが、手抜きをしないほうがかえってあとで楽になります。

ステップ3:実践する中で覚えていく

単語帳で単語を覚えるだけでも大変な作業ですが、残念なことに、単語帳で覚えるだけでは知識は定着しません。実践する中で実際にその言葉と出会っていくことが必要です。

具体的には、長文を読む中で単語帳で覚えた言葉と出会い、文脈の中でその意味を探ること。そして、英作文をする中で実際にその言葉を使ってみることです。その中ではじめて、覚えたことが自分の力になります。

社会のような科目では、断片的な知識であっても暗記したことが即点につながることが多いかと思います。ですが、英語の場合そういうことはあまりありません。もちろん、英語の習得には暗記が不可欠なのですが、英語は暗記科目ではないです。

ちなみに、定期テストでは点が取れるけど、実力テストでは点が取れないという人は、ここを勘違いしている人が多いです^^;

英語は言語ですので、英語を読み、書き、聞くという技術の習得が必要です。繰り返しますが、暗記ではなくて技術なんですね。

このことを意識した上で単語・熟語の習得に挑めば、英語は必ず上達するはずです。
この記事で基本をおさえることができたら、次の記事も読んでみてください。

日本語訳で考えない!「できる」人の英単語の覚え方

日本語訳は覚えない!「できる」人の英熟語の覚え方

単語が覚えられない!読み間違える!そんなときは語源を活用しよう^^

 

お役に立てれば幸いです^^